417uqqbmqol

「君のためなら千回でも!」召使いの息子ハッサンはわたしにこう叫び、落ちてゆく凧を追った。同じ乳母の乳を飲み、一緒に育ったハッサン。知恵と勇気にあふれ、頼り... 続き

コメント

内容はすごく良かった。私がもう少しアフガニスタンの事を知っていたらもっと良かったのかも。日本語訳が直訳っぽいので、最初は読みづらく感じるけど、慣れてしまえば問題は無い。今読み終えたので、今の気持ちを言うなら、全ての人が幸せで、あって欲しい。

アフガニスタンのことを、今まで何も知らなかった。

原初だったのかな?英語で読みました。素晴らしい本でした!

読者

22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f165b89b30 f891 4d14 89af d24e21e2fbc64bccc2b2 09ca 4c03 ac13 b50181640c1b0c02a8cb e5ac 40da 8ba5 4c37dd168de8 4人

カーレド・ホッセイニの本

そして山々はこだました (上)

そして山々はこだました (上)

E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a

kasa

旅行や食に関する本、 海外文学、…

生きていく場所や立場、兄弟と家族について考える。 それぞれの登場人物にスポットが当たっていくストーリー。どうにも出来ないやりきれなさを感じた

約4年前