51d%2b%2bhmzlul

コメント

久しぶりに、声を出して泣いてしまった作品。

すごいタイトルだけれど、読み終わったら、「この本には、このタイトルしかないっ!」と、感じられます。

ぜひ、読んで、このタイトルの意味を知ってもらえたら と思います!

☆ホラー作品ではなく、青春モノです!

人はみな、だれか大切な人に出会うために生まれてきたんだと思う。二人でいるために生きてきた。お互いを補うために生きてきた。

自分にはない憧れる部分をもつ人は、凄い人間だと感じる。それはきっと当たり前のことで、自然なこと。でも、みんなそうなんだと思う。互いが互いを羨み、憧れる。そんな部分を誰しも持ってる。

色んなものを選択して、今自分がここに生きてるってこと。これからも色んなものを選択して生きてくってこと。誰しもの明日が、保証されているとは限らないこと。死はいつか必ず誰しもに訪れること。

時々、忘れそうになることを思い出す。

ラスト40ページ。
涙涙涙だった( ; ; )

いまこの瞬間の選択が未来の自分を構築するであろうこと、当たり前にくると思っている次の瞬間、一分、一秒が当たり前ではないということを、考えさせられて、気付かされて、かるくなった心で、今日も心臓が動いてる限り、迷いと選択を繰り返して、生きていくんだなと思う。
心は苦しくなったけど、涙は出なかった。その分ものすごく、考えさせられた。

帯に「読後、きっとこのタイトルに涙する」って書かれてたんだけど、読んでみてあーなるほど上手いなあと思った。面白くてサラッと読めたけど、個人的には少しあっさりしてるかなあと。
好きとか恋とかじゃなく「君の膵臓をたべたい」という関係に憧れと同時に切なさを感じました。

ちょっと泣いた。共に響きあえる存在。対岸にいるからこそ。そして、その響きは自分にかえってくるんだな。

人とのつながりも自ら選択することができる。

そういったことを教えてくれる作品でした。泣きました(涙)

面白いタイトルと表紙の絵の綺麗さに思わず手に取ってしまった。
話としては膵臓に病気をもつ陽気で明るい少女と、学校で唯一その事実を知ってしまった内気な少年の話である。
読み進めていくうちにセカチューのような王道青春小説かと思ったが、クライマックスでは思わぬ終わり方にかなり驚いた。
『明日が本当に来るかなんて誰にもわからない』という強いメッセージ性のある作品である。

号泣しました。
これは危ないかもしれないっていう涙の予兆が来たらすぐ電車で読むのをやめたほうがいいです笑

死とか人との関わりとか日々の自分の生き方とか当たり前とか読み終わって色んなことを考えた本でした。

すごく良かった。本当に良かった。

人が人との関わりで、自分も知らないうちに変わっていく様子が、綺麗にそして切なく描かれている。

人を好きになるってこういうことなんだよなと思わせてくれる一冊。

大切な言葉がたくさんつまった、生きることや人と過ごすことが愛おしくなる物語です。他人との距離感に線引きをしている「友だち」や「恋人」という言葉では表せない「仲良し」な関係って必要なのかも、と思わされました。

映画が美しく、セリフがとても心に響いたので、原作も読んでみた。本を昔、図書委員だったころ、本を読んで暮らしていたので、とても共感できるお話だ(^^)

予想に反してつまらなかった。確かに少女から学ぶことはたくさんあったが、涙はでなかった。病気ではなく通り魔に殺された展開は良かったが、どうせなら元彼を犯人にすべきだったと思う。あと、なぜ少年や少女の親友は犯人に対して、怒りの感情を持たないのかが疑問だ。伏線をせっかく張ってるのに回収しきれていない。例えば、お互いに買った指人形、自殺用のロープなどだ。あと、少年は見た目が最悪なんだと思いながら読んだ。

ちょっと切ないけど綺麗な物語だったと思います。作品中の「きっと誰かと心を通わせること。そのものを指して生きるって呼ぶんだよ」は、とりあえずメモしました。(笑)あと結構泣きました。タイトルも読む前とあとでは印象も違うし、ほんとにぴったりなタイトルだと思いました。

こんなにも苦しくて胸が晴れる思いをしたのは久々だ。ヒロインの存在が、読者の僕までリアルに感じられた。買ってよかった、読んでよかった。死ぬことに恐怖心やそういったものを感じなくなって無気力になってた僕に、明るい笑い声と笑顔が微笑みかけてくれてる気がした。

今でも、いろんな感情が混ざり合って胸がドキドキしている。

読み終わってひとこと。
人の生き死にって、そんなにキレイなものじゃないよ~。
だけど、高校生とか中学生のときに、後々忘れられないような恋をするのって、すごーくいいことだと思う。
キラキラした思い出は、とっても大事。

泣けると聞いて読んでみました。
読んでみると、「泣ける」というよりは「涙がこぼれる」という語の方がしっくりくる気がしました。タイトルやメディアで読者の感想を見てどんな先入観があっても、大丈夫。読むべきだ。と、薦めることができる本です。

なんて愛の溢れる言葉だろう。。。
タイトルで心に突き刺さり、読んで琴線に触れた言葉です。
文章表現のセンスの良さにも注目です。

読者

E510cdd8 d2c6 42c0 bed2 067a725e7287A287ba40 2de9 4e39 ab54 3b4ed1c5db4aIcon user placeholder0ed6d838 684e 40f9 9c36 3971007a8878Icon user placeholder06054ac5 2891 47bc bbe3 a80f7775ef3b677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6Icon user placeholder 590人

住野よるの本

青くて痛くて脆い

青くて痛くて脆い

1b1e7643 9ead 4435 8cd3 d4a66eba70d8

オサム

平成世代です。

住野よるさんの作品が好きなので、読みました。これまでの作品に比べてページ数が多く、後半の2人のやりとりに筆者の熱量を感じます。私自身、登場人物と歳が近いこともあり、共感できる点が多々ありました。思いこみやすれ違いで大きく後悔したことがある人は、必読だと思います!個人的には「青くて痛くて脆くて辛い」そんな作品でした。

3か月前

F3ea477e 6521 496e a157 0235bda972c6C535337c 69ad 4991 9891 756504ba405fA0546537 c07b 4d64 aad3 069d5fe733da 150
君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

94957c63 3a2e 43c2 8c1c ea56fbd9d787

Ri

30歳。週2冊。

序盤からタイトルの意味を説明してくれるが、その後の物語がさらに意味を深めてくれる。原作を読んでから映画を観ると、文書と映像の表現方法の違いを思い知らされる。 P56「言葉は往々にして、発信した方ではなく、受信した方の感受性に意味の全てがゆだねられている。」

3か月前

Ea4a6c3c a9e2 42c0 a1dc 287f52cc8faeD97cc9bb 9ee8 4529 99be 4ec6bea9aa4d57e191c5 a69d 4aaf b8a3 5625582531f1 172
よるのばけもの

よるのばけもの

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイル…

作者の3作目の本。前作からファンタジー路線になったのでしょうか? 一人の悩みが解決しただけでは周囲は何も変わらないというお話。

約1年前

Ea4a6c3c a9e2 42c0 a1dc 287f52cc8fae24a40ddd fe3b 4a69 84ad 011f9f2c283c2a91a63d 61aa 4ef9 a32d f3c2422a077f 138