51d%2b%2bhmzlul

コメント

涙は出なかった。
悲しくもならなかった。
でもこの本の、この著者の力はすごかったです。

ひとつはくっきりと情景が浮かぶこと。
場面場面の風景も浮かんだことはもちろん(行ったことのある場所があったのもありました)、
私の中に自然と、しっかりと登場人物ができあがって、読みながらその子達の会話をブラウン管越しに見ているような、ドラマや映画のような「生身さ」を読みながらずっと感じていた。
そんな作品には久しく会わなかった気がして、嬉しく驚きました。

もうひとつは、登場人物の描き方。
名前がついて出てくるような、主要人物はかなり少ないですし、主要人物がほぼほぼメインに話は進むのですが
決してその主要人物たちだけで話が進まず、完結せず、
その他大勢の気配がリアルな距離感で書かれていました。

書いてて気づいたのですが、登場人物との距離感も風景も、全部焦点の当て方がすごく上手いんじゃないかなと思います。見せたいものの表現や熱量なんかがどれも自然なんだと思います。
1作目しか知らないのでわからないですけど、これはちょっとすごい作家さんかもしれません。

その他のコメント

久しぶりに、声を出して泣いてしまった作品。

すごいタイトルだけれど、読み終わったら、「この本には、このタイトルしかないっ!」と、感じられます。

ぜひ、読んで、このタイトルの意味を知ってもらえたら と思います!

☆ホラー作品ではなく、青春モノです!

人はみな、だれか大切な人に出会うために生まれてきたんだと思う。二人でいるために生きてきた。お互いを補うために生きてきた。

自分にはない憧れる部分をもつ人は、凄い人間だと感じる。それはきっと当たり前のことで、自然なこと。でも、みんなそうなんだと思う。互いが互いを羨み、憧れる。そんな部分を誰しも持ってる。

色んなものを選択して、今自分がここに生きてるってこと。これからも色んなものを選択して生きてくってこと。誰しもの明日が、保証されているとは限らないこと。死はいつか必ず誰しもに訪れること。

時々、忘れそうになることを思い出す。

ラスト40ページ。
涙涙涙だった( ; ; )

読者

136cfd1f 6268 4af0 b07f 89097c7730feFda6775d 1ca8 4a10 bd2b 7dd122e519d690cb0094 04da 4198 91ba eb8f84bcdb8a9bdba2a6 5ea6 4c3b bdc3 9904edcbd5b28819ef64 91d0 4e81 b1c4 a73cf82d2b0aCc990b10 a534 4f5b 90c7 498a921bf03bC9d3ecda e237 4c6e 8047 5fc4b5307b536d261940 d173 40d2 8d77 8ef0516a1422 257人

住野よるの本

51a 4geu ml
Df5425b1 9ddd 448d acd9 5b43037965e8

kaya

雑魚な情報学専攻M2

いじめがテーマなので、楽しいとか面白いと言った印象はない。 終盤に「本当の自分ってどんなだろう?」と考えさせられた。

4か月前

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d52cf82094 4d5a 4b64 92b5 1c2551f25cf81525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4 15
51rzwdh%2b5nl
7c37bb70 d567 446b 973a 7f9c62c1a8ef

いさ

♡をまーるく

俺達は、大人が思うよりもずっと残酷な気持ちをもって生きている──という主人公のモノローグにもあるように、「学校」という狭い世界には「暗黙のルール」があって、それを侵す者には制裁が与えられる、そんな残酷な世界なんだってこの作品を読んで思い出した。その「暗黙のルール」を破った矢野さんは、クラスメイトたちからいじめを受けるんだけど、私は主人公と同じく「彼女はいじめられる理由がある」と思ってしまった。もちろんいじめは悪いことで、「理由」があるからといっていじめて良いということにはならないけれど。 でも、だからと言って「いじめをやめよう!」なんて言えるのかな?自分が存在する場所の危険を冒してまでそんなこと、言える?

4か月前

90cb0094 04da 4198 91ba eb8f84bcdb8aC3369fa1 ad1f 45d3 809f 260e13a5fbdb239f4c4d 98d6 4af3 97ed 749e32b111ec 37
51z7vnehxbl
1e4ff2fc a2df 4d2d 9c9d df86a7f6542d

meglita

ビールラバー、寿司ジョ

こうやって過去、自分の過ちを正しながら生きていけたらどんなにいいだろう。そんな奇跡はおきないからもっと、日々ぐるぐる考えて大切に生きなきゃなんだね。

約1年前

Cc990b10 a534 4f5b 90c7 498a921bf03b2a8edadf 1a6b 4401 ab40 3da72b77913b239f4c4d 98d6 4af3 97ed 749e32b111ec 76