51d%2b%2bhmzlul

コメント

涙は出なかった。
悲しくもならなかった。
でもこの本の、この著者の力はすごかったです。

ひとつはくっきりと情景が浮かぶこと。
場面場面の風景も浮かんだことはもちろん(行ったことのある場所があったのもありました)、
私の中に自然と、しっかりと登場人物ができあがって、読みながらその子達の会話をブラウン管越しに見ているような、ドラマや映画のような「生身さ」を読みながらずっと感じていた。
そんな作品には久しく会わなかった気がして、嬉しく驚きました。

もうひとつは、登場人物の描き方。
名前がついて出てくるような、主要人物はかなり少ないですし、主要人物がほぼほぼメインに話は進むのですが
決してその主要人物たちだけで話が進まず、完結せず、
その他大勢の気配がリアルな距離感で書かれていました。

書いてて気づいたのですが、登場人物との距離感も風景も、全部焦点の当て方がすごく上手いんじゃないかなと思います。見せたいものの表現や熱量なんかがどれも自然なんだと思います。
1作目しか知らないのでわからないですけど、これはちょっとすごい作家さんかもしれません。

その他のコメント

久しぶりに、声を出して泣いてしまった作品。

すごいタイトルだけれど、読み終わったら、「この本には、このタイトルしかないっ!」と、感じられます。

ぜひ、読んで、このタイトルの意味を知ってもらえたら と思います!

☆ホラー作品ではなく、青春モノです!

人はみな、だれか大切な人に出会うために生まれてきたんだと思う。二人でいるために生きてきた。お互いを補うために生きてきた。

自分にはない憧れる部分をもつ人は、凄い人間だと感じる。それはきっと当たり前のことで、自然なこと。でも、みんなそうなんだと思う。互いが互いを羨み、憧れる。そんな部分を誰しも持ってる。

色んなものを選択して、今自分がここに生きてるってこと。これからも色んなものを選択して生きてくってこと。誰しもの明日が、保証されているとは限らないこと。死はいつか必ず誰しもに訪れること。

時々、忘れそうになることを思い出す。

ラスト40ページ。
涙涙涙だった( ; ; )

読者

831cf759 b0c6 4a8e be4e 225141c44a3bF38b0ab2 225b 497b 929b b01c0ba4658cE3694df3 1876 489a ac2f 241db0ffe47b052a661e 4f81 47ce b2ab 6c7ccb990fda11d546fc cb50 4f18 8a20 1e9a41a303c8Ad47faf1 f79d 468f 9bd2 444ce25056feEb4efb3a 7016 434c b55c 9e8b88e762648c8005ce c3bc 4d7f 8b23 4ff3bc9a1e96 293人

住野よるの本

51rzwdh%2b5nl
D2622641 382e 404b bca9 bbeed625b6a3

SGGK

サッカーとミステリとハードボイル…

作者の3作目の本。前作からファンタジー路線になったのでしょうか? 一人の悩みが解決しただけでは周囲は何も変わらないというお話。

約12時間前

5fa6f8e9 4c6e 40d1 85fa 284066c7a6cb6d0721bc 41da 4c4e bad4 2e83f1e11e317f835fca e527 487e b5bc 4305de97be01 53
51vpc1rxo6l
454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90

akane

読んだ本の記録。

以前から気になっていて、文庫版が出ていたので読みました。クラスメイトの秘密を知ってしまった僕と、その秘密を抱える彼女のお話。彼女の考え方には、共感する箇所がいくつかありました。 しかし、登場人物の口調、台詞と台詞の間、言葉の使い方などなど.....が、正直私には合いませんでした。あまりのめり込めなかったので泣くこともなく...話題だったのでハードルを上げすぎていたのかもしれません。正直に感想を残します。

25日前

8c8005ce c3bc 4d7f 8b23 4ff3bc9a1e96C9bb437b d9e8 48f6 8ade b4e97d008f7668602867 ed0d 490a b637 6965e63e104b 42
51%2b%2byn7mc8l
1803bf04 76ee 4ebd a6de 63fdf372d058

のうさぎ

大学生。目指せ本の虫。

人の本質の一部を視れるのだとしても、それをどう処理するかは、またそれぞれで異なるから人の気持ちの本当はわからなくて、面白い、

26日前

A4ffc1e0 e632 4f8f 8fbb bff7e759bfa82baf9555 6088 4de4 9f51 f248492b0c958485250c 7600 4626 bf35 fc2083da3403 20
51a 4geu ml
Df5425b1 9ddd 448d acd9 5b43037965e8

kaya

雑魚な情報学専攻M2

いじめがテーマなので、楽しいとか面白いと言った印象はない。 終盤に「本当の自分ってどんなだろう?」と考えさせられた。

6か月前

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d52cf82094 4d5a 4b64 92b5 1c2551f25cf81525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4 15