51d%2b%2bhmzlul

コメント

「泣けます」って帯に書いてあるような、泣ける決めつけ系の本は好きじゃない。泣けなかったときに自己嫌悪になるから。

映画が観たかったので読んでみた。
「泣けます」ってだけの本ではなかったので読んでよかった。
人間の方思い出した。

生きるってのはね、きっと誰かと心を通わせること。そのものを指して、生きるって呼ぶんだよ。

誰かがわたしの名を呼ぶのでわたしはわたしであることができる。
だから人との関わりこそが生きるってこと。
それを思い出して、今、好きな人たちを大切にしようと思った。

その他のコメント

久しぶりに、声を出して泣いてしまった作品。

すごいタイトルだけれど、読み終わったら、「この本には、このタイトルしかないっ!」と、感じられます。

ぜひ、読んで、このタイトルの意味を知ってもらえたら と思います!

☆ホラー作品ではなく、青春モノです!

人はみな、だれか大切な人に出会うために生まれてきたんだと思う。二人でいるために生きてきた。お互いを補うために生きてきた。

自分にはない憧れる部分をもつ人は、凄い人間だと感じる。それはきっと当たり前のことで、自然なこと。でも、みんなそうなんだと思う。互いが互いを羨み、憧れる。そんな部分を誰しも持ってる。

色んなものを選択して、今自分がここに生きてるってこと。これからも色んなものを選択して生きてくってこと。誰しもの明日が、保証されているとは限らないこと。死はいつか必ず誰しもに訪れること。

時々、忘れそうになることを思い出す。

ラスト40ページ。
涙涙涙だった( ; ; )

読者

A13cfc2c 655b 48aa 9a13 29ccd51ddcfb92c8cc90 799b 4c98 bbe9 a4e8f15cf5594b3e6c21 0c28 4f50 9133 8a20a35c6d1dIcon user placeholderIcon user placeholderF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac2e2c6a29 0acf 4467 bef5 4f072ce826a3B13d8520 e928 46a8 8042 e946b9fcd72f 560人

住野よるの本

青くて痛くて脆い

青くて痛くて脆い

1b1e7643 9ead 4435 8cd3 d4a66eba70d8

オサム

平成世代です。

住野よるさんの作品が好きなので、読みました。これまでの作品に比べてページ数が多く、後半の2人のやりとりに筆者の熱量を感じます。私自身、登場人物と歳が近いこともあり、共感できる点が多々ありました。思いこみやすれ違いで大きく後悔したことがある人は、必読だと思います!個人的には「青くて痛くて脆くて辛い」そんな作品でした。

20日前

Abddc058 3fe3 42d6 b423 43c838ad5629B9182c16 bd43 4b77 a0de 255c70e4fa0fF518366e 98c4 461f 839e d2bcd474e2ec 143
君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

94957c63 3a2e 43c2 8c1c ea56fbd9d787

Ri

30歳。週2冊。

序盤からタイトルの意味を説明してくれるが、その後の物語がさらに意味を深めてくれる。原作を読んでから映画を観ると、文書と映像の表現方法の違いを思い知らされる。 P56「言葉は往々にして、発信した方ではなく、受信した方の感受性に意味の全てがゆだねられている。」

約1か月前

F21934ed 8fdb 4265 b66d 18917586d80eB79d79f4 fc8a 4a44 8cf3 6d6ee513559d425cdc95 0114 4195 b328 7c175935f06d 143
よるのばけもの

よるのばけもの

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイル…

作者の3作目の本。前作からファンタジー路線になったのでしょうか? 一人の悩みが解決しただけでは周囲は何も変わらないというお話。

約1年前

F21934ed 8fdb 4265 b66d 18917586d80eIcon user placeholderAbddc058 3fe3 42d6 b423 43c838ad5629 131