51d%2b%2bhmzlul

コメント

友達に勧められて買ったけれど、なかなか読まずにいたので読んでみました。
正直、文体とか会話部分とかは自分に合わなくて…セリフ中心で文章が進んでくのでラノベに似てるなぁとは思いました。でもそのおかげでスルスルと読んでいけるので、日頃本はあんまりって人でもとっつきやすい小説だと思います。

内容に関しては、ラストのために全てあるって言っても過言ではないと思います。ラスト差し掛かるまで終始「隅っこ族の男の子がクラスの人気者の女の子と仲良くなって変化する」っていうありきたり話です。もちろん途中に2人の価値観の違いが明示されてますが、男の子の方の気持ちの変化を明確にするのは大事かもしれないけれどくどいなぁと個人的には思いました。ラストは秀逸でした。今まで読んだことないし、結末から言ってしまえばバッドエンドなのに読了後モヤモヤしたりもなかったです。ひとえに桜良のあくまで明るく・日常を変えずにそのまま楽しくっていうスタンスのおかげだと思います。
「生きるとは何か?」まで堅苦しいものではなく、「楽しく生きようよー」くらいでとても読みやすかったです。

その他のコメント

久しぶりに、声を出して泣いてしまった作品。

すごいタイトルだけれど、読み終わったら、「この本には、このタイトルしかないっ!」と、感じられます。

ぜひ、読んで、このタイトルの意味を知ってもらえたら と思います!

☆ホラー作品ではなく、青春モノです!

人はみな、だれか大切な人に出会うために生まれてきたんだと思う。二人でいるために生きてきた。お互いを補うために生きてきた。

自分にはない憧れる部分をもつ人は、凄い人間だと感じる。それはきっと当たり前のことで、自然なこと。でも、みんなそうなんだと思う。互いが互いを羨み、憧れる。そんな部分を誰しも持ってる。

色んなものを選択して、今自分がここに生きてるってこと。これからも色んなものを選択して生きてくってこと。誰しもの明日が、保証されているとは限らないこと。死はいつか必ず誰しもに訪れること。

時々、忘れそうになることを思い出す。

ラスト40ページ。
涙涙涙だった( ; ; )

読者

Dd8824bb e1f0 49b0 a966 74042e94dd8432bb3f83 409d 455f 9519 cd67a2bb78afEac908e6 1551 4ad2 88e5 bc8d447309a62a064f6b 6cd1 4a71 8ae9 6139a720614b10be94a8 f86d 401d 8bca 83a5e1a3e43fA3b27df3 b7dc 4058 82c6 9e4a136003c2C46f6ec1 bfe8 4f7c 9808 a58fb15e4657C11c5ceb b4e6 453e 973a f095d703c7da 703人

住野よるの本

麦本三歩の好きなもの

麦本三歩の好きなもの

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

特別ポリシーとかはないんだけど、自分の好きなルールで毎日を送っている不思議ちゃんの話。 自分が受け止められないようなことも、しっかり受け止めて、ちゃんと流していけるそこが素晴らしい三歩ちゃん。 住野先生は、こんな女の子本当は好きじゃないのかな? どうだろ? 私も好きじゃないからなぁ。 (一般的にこういう子に嫌いって言うと非難を受ける)まぁ。チョット羨ましいのかな?

約2か月前

1aedee78 7991 4923 95bf ecf992e5f8f810be94a8 f86d 401d 8bca 83a5e1a3e43f56758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2c 52
青くて痛くて脆い

青くて痛くて脆い

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイル…

住野よる氏の5作目。大まかにまとめてしまうと 無力なまま理想を追い求めるより、現実に妥協してある程度の成果を得る。これを否定できるか? 与えられたものを取り上げられたからといって、傷ついたと思うのは間違っている。 傷つけられたから、傷つけ返すのも間違いだ。 というところでしょうか。今作は私にはあまり響くところがありませんでした。 序盤にあった、唯一無二のリーダーを永遠に失ったという表現は、終盤になると「?」のような気がします。

7か月前

32bb3f83 409d 455f 9519 cd67a2bb78af10be94a8 f86d 401d 8bca 83a5e1a3e43f37e4dd88 bdfb 48ea ab2c 08d9513175a4 190
君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

94957c63 3a2e 43c2 8c1c ea56fbd9d787

Ri

31歳。週2冊

序盤からタイトルの意味を説明してくれるが、その後の物語がさらに意味を深めてくれる。原作を読んでから映画を観ると、文書と映像の表現方法の違いを思い知らされる。 P56「言葉は往々にして、発信した方ではなく、受信した方の感受性に意味の全てがゆだねられている。」

約1年前

387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4f33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf73708f9baa6 79f8 4ef1 9650 f3973c8df6ec 249