51d%2b%2bhmzlul

コメント

久々に泣きました。
最後は心が洗われた様な気がします。

その他のコメント

久しぶりに、声を出して泣いてしまった作品。

すごいタイトルだけれど、読み終わったら、「この本には、このタイトルしかないっ!」と、感じられます。

ぜひ、読んで、このタイトルの意味を知ってもらえたら と思います!

☆ホラー作品ではなく、青春モノです!

人はみな、だれか大切な人に出会うために生まれてきたんだと思う。二人でいるために生きてきた。お互いを補うために生きてきた。

自分にはない憧れる部分をもつ人は、凄い人間だと感じる。それはきっと当たり前のことで、自然なこと。でも、みんなそうなんだと思う。互いが互いを羨み、憧れる。そんな部分を誰しも持ってる。

色んなものを選択して、今自分がここに生きてるってこと。これからも色んなものを選択して生きてくってこと。誰しもの明日が、保証されているとは限らないこと。死はいつか必ず誰しもに訪れること。

時々、忘れそうになることを思い出す。

ラスト40ページ。
涙涙涙だった( ; ; )

読者

6b848e8a f76b 4f55 9e49 7b6d1172af9dA27d3a7d d1c5 49f3 92df 8b808241e6113506efb8 b24d 4c5c b0f1 ca30c8af65bc4bfef6ec 4a85 4c2a 94a9 f577f39e81888523dc18 683d 4b81 9763 d4dee962c0d4Ef8b1b04 ee35 434d 8327 d269a5367506De6aca64 47be 43a4 8cd0 f11dbe4616bd2963aa7b 0b82 4999 a5d0 6b058ac4bb27 723人

住野よるの本

また、同じ夢を見ていた

また、同じ夢を見ていた

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

『きみすい』作者の第2作。 大ヒット作の次は書きにくそうなものだけど、 しっかり良い話を書いてきた。 小学生の女の子が主人公。 児童文学のレーベルに入ってても違和感なさそう。 幸せは歩いてこない、だから歩いていく。 このフレーズに作品のテーマが凝縮されてた。 ネコがとにかくかわいい。 ナーナー。

2か月前

2cb5b581 20be 4158 85d4 1f1a29ad5c581fb85407 2d76 49d6 9ce1 4664fc23dbb24bfef6ec 4a85 4c2a 94a9 f577f39e8188 157
麦本三歩の好きなもの

麦本三歩の好きなもの

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

特別ポリシーとかはないんだけど、自分の好きなルールで毎日を送っている不思議ちゃんの話。 自分が受け止められないようなことも、しっかり受け止めて、ちゃんと流していけるそこが素晴らしい三歩ちゃん。 住野先生は、こんな女の子本当は好きじゃないのかな? どうだろ? 私も好きじゃないからなぁ。 (一般的にこういう子に嫌いって言うと非難を受ける)まぁ。チョット羨ましいのかな?

4か月前

Icon user placeholder2a3c0d47 f3c5 4793 a4e6 0acb385b84594bfef6ec 4a85 4c2a 94a9 f577f39e8188 72
青くて痛くて脆い

青くて痛くて脆い

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイル…

住野よる氏の5作目。大まかにまとめてしまうと 無力なまま理想を追い求めるより、現実に妥協してある程度の成果を得る。これを否定できるか? 与えられたものを取り上げられたからといって、傷ついたと思うのは間違っている。 傷つけられたから、傷つけ返すのも間違いだ。 というところでしょうか。今作は私にはあまり響くところがありませんでした。 序盤にあった、唯一無二のリーダーを永遠に失ったという表現は、終盤になると「?」のような気がします。

10か月前

2a3c0d47 f3c5 4793 a4e6 0acb385b84594bfef6ec 4a85 4c2a 94a9 f577f39e8188D655b7d8 95bf 427f 9715 ac07bc61951d 201
君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

94957c63 3a2e 43c2 8c1c ea56fbd9d787

Ri

31歳。週2冊

序盤からタイトルの意味を説明してくれるが、その後の物語がさらに意味を深めてくれる。原作を読んでから映画を観ると、文書と映像の表現方法の違いを思い知らされる。 P56「言葉は往々にして、発信した方ではなく、受信した方の感受性に意味の全てがゆだねられている。」

1年前

3506efb8 b24d 4c5c b0f1 ca30c8af65bc19044d62 6fd6 4172 b936 f96acc1a498a4716af62 d6e2 42d5 ae2a b1fdfe50b851 256