51jjboqvq2l

さて"わたし"とは何なのか-。人間の"危機"を凝視しつつ、"幸福な人生へ向かう"思索の可能性を存分に論じきる-知の巨人による大胆な試み。自分だけのスタイル... 続き

コメント

読者

F22fe1a7 af8d 461e aab1 086600cdf035C81489ea 16b1 4629 b1e9 4b9077521f9a1c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd75207c3ca2ea 4d84 4876 88b5 ca265c14cbaf7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa53fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798b2d0bcb9a 404d 4bfd 80e1 c0018c7fc7ff 7人

小林康夫の本

「知の技法」入門

「知の技法」入門

Ee01c2f2 d31c 48d5 b6cb 3532c28619e8

くま

大学生

「日本の脳」とも言える2人がこれからの人文系の知の行き先を語り合う。また、読書の技法や哲学史の説明など、これから知を「体得」する人向けに色々な手引きがなされている。お2人の考え方はまるで異なるのに、たどり着こうとしているゴールは同じなので多種多様な読者に扉が開かれている本である。 Oct.10/16読了

2年前