51cko5ibiyl

叶えよ。 吾が身をもって、 吾が血をもって。 叶えよ。 叶えよ。 叶えよ――。 化生の血を引く、稀代の陰陽師―安倍晴明。 ある日、宮腹の中納言と呼ばれる... 続き

コメント

その他のコメント

第5弾という事ですが、初めて読みます。途中からでも遜色なく読めました。
妖の話大好きです。やはり安倍晴明は、陽気とは縁遠いですね。
私は、夢枕獏さんで馴染んでしまったんですが、コチラの陰陽師のほうが馴染みもよく、若い方には良いのではと思いました。散らばった話が、上手く絡み合い事件は終着していきます。是非第1弾から読んで安倍晴明が使役している十二神将達の可愛い成長を見てみたいです。

読者

Ce477d00 ced1 4b73 ad50 90d66402cbe2Ba4e677d c2af 4684 a897 5b585069253eEcc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b479493df91e6 6f35 41a6 b3fd 0153ea1d40911525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4 5人

新刊

数学の贈り物

数学の贈り物

E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a

kasa

旅行や食に関する本、 海外文学、…

以前に森田さんの講演会に行き、数学者が集まる場では素数の番号から靴箱のカギがなくなるとか、楽しかったのを思い出した。 『数学する身体』の時はたしかお子様が生まれたばかりかその直前だったと思うが、この本では成長していくお子様のそばにいる森田さん、という視点で数学に絡んだ話も読める。 「言葉はもちろんコミュニケーションの道具だけれど、それ以前に自己を編む糸である。〜何かを伝えるだけでなく、世界を生み出すことだ。」 語学も数学も新しい発見があった。

約9時間前

01fa4122 4003 4b87 8107 ab33b870146a0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a821e5a20 19ab 4ec7 a4b3 167e80d468c4
国運の分岐点 中小企業改革で再び輝くか、中国の属国になるか

国運の分岐点 中小企業改革で再び輝くか、中国の属国になるか

23d1db0c 9cf9 45b4 afdb c946f187c0f1

岩子 泰生

本を読むのが好き

「身震いするような分析内容。明快で進むべき道に考えるきっかけを与えてくれる」 1964年体制の見直し(1963年に中小企業基本法が制定され、1964年に日本のOECD加盟があり資本自由化とその反発として外資参入に日本企業は株の持ち合い制度でムラ社会を築いた)は、東京オリンピックの裏で動いていた。TOKYO2020の裏で何が動くのか。大事な事は、いつも舞台裏で進行するのかもしれない。これからは中小企業経営者の大失業時代が始まる。日本に経営のプロがいないと言われた意味がわかった。さて。

約14時間前