41djjdvl2sl

愛美は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです。第29回小説推理新人賞受賞。 続き

コメント

同著者の「少女」からこちらの本を読みました。
やはりクライマックスはタダでは終わらなかった!イヤミスの女王ここにあり!といった印象です。

その他のコメント

何を思ったか小6で読んでしまった。
中学校に行きたくないと母に泣いて訴えたのを思い出します…(笑)

教師である森口悠子の完璧な復讐に息を飲んだ。
時間を忘れて次へ次へとページをめくってしまう。
ラストスパートにかけてつじつまが合っていくのは爽快だった。
夢中になれた、面白い。

読者

Icon user placeholder79209693 7fde 456f 8a34 ea82effeac10B1ed1df8 8232 4954 bf61 8bad1c785c18Cbb41ae6 6998 4f91 918f b9596f96a755Ea5e4d68 95e4 4b33 8fa2 394fd1150e1e15d7e9cc 9bf2 4b49 aa40 75066784a5c53e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88be6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c 144人

湊かなえの本

ポイズンドーター・ホーリーマザー

ポイズンドーター・ホーリーマザー

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

イヤミスの要素がたっぷり詰まった、湊かなえの短編集。 表題作「ポイズンドーター」と「ホーリーマザー」は、毒親をモチーフにした連作。 「ポイズンドーター」では、娘を支配し追い詰めていく母親とそれに苦しむ娘、という構図だったのが、「ホーリーマザー」では、娘を見守る優しい母親と、母を自殺に追い込む娘に反転する。 絶対的な悪が存在するのなら、それを憎めば済む話。でも、人間はそんなに単純ではない。悪人だと思った人も視点を変えれば善人となり得る。だからこそ、この物語は救いがない。 一つ違えばハッピーエンドになったかもしれないバッドエンドにモヤモヤするも、やっぱり湊かなえは面白い。

2日前

Icon user placeholder093a9df0 2125 4a7e b799 91523832c1483685983e 5f00 40ff bd7b fbf4fbb27dcc 18
未来

未来

F88b9f16 68d1 43a5 a3b6 0e19c4c813d3

ねこ

主婦になって本屋に行く機会も減っ…

章ごとに別の視点から描かれているのでとても分かりやすいしすんなり読めるけれど相変わらず淡々と重く恐ろしい内容です。

5日前

E3861a8c 223e 4241 b623 a8d3adf05d24851fb264 0c5d 44e6 86f0 0bb8c566450915d7e9cc 9bf2 4b49 aa40 75066784a5c5 47
ユートピア

ユートピア

2ba24464 9f10 41f3 a8ef 20253e9e43ec

Miki.Y

会社員、エンジニア、ゴルファー、…

湊かなえらしいミステリー。ただ、ストーリーの展開にちょっと波が少ないかなぁと思いました。

3か月前

86818e08 9f1c 47a9 94d0 270200f0d841C88fe124 d7b7 4918 9e5e b1b0e3b749cfIcon user placeholder 38
猫が見ていた

猫が見ていた

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c

Pinoco

2015/6末

猫題材の本は手が伸びてしまうよね。 猫が少し離れた位置にいたり、近い位置にいたり、と完全に猫が主役というわけでもなく、猫の位置関係がそれぞれの作者によって違い、面白かった。 「吾輩も猫である」とは逆である。 2018.5

5か月前

093a9df0 2125 4a7e b799 91523832c148Ef87a4ac 97e6 4161 a5bd fc9cd6bb67eaF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113 17