Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41djjdvl2sl

愛美は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです。第29回小説推理新人賞受賞。 続き

コメント

同著者の「少女」からこちらの本を読みました。
やはりクライマックスはタダでは終わらなかった!イヤミスの女王ここにあり!といった印象です。

その他のコメント

何を思ったか小6で読んでしまった。
中学校に行きたくないと母に泣いて訴えたのを思い出します…(笑)

教師である森口悠子の完璧な復讐に息を飲んだ。
時間を忘れて次へ次へとページをめくってしまう。
ラストスパートにかけてつじつまが合っていくのは爽快だった。
夢中になれた、面白い。

読者

7328cc82 7b69 4a9a 8e67 fbed9d25f8f0B6c25f4b d213 42c8 9683 824027af9e09D84b4b9d 16d7 4b8e 8a2d bf013fe2bd37Icon user placeholderIcon user placeholder9f8b0744 4508 4066 b19f ec23d54bb7039871ba3a 3f57 43cd 8a67 21df7d513310A76ad1c5 b9c1 4db1 8bfd 2f3449cb9b1d 78人

湊かなえの本

猫が見ていた

猫が見ていた

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2017/10/03 読了 猫小説アンソロジー。有栖川有栖はさすがです。ライトだけれども、楽しめる。加納朋子は重い。でも、いい話だなぁ。 猫好きの方はぜひ❣

約2か月前

Icon user placeholder28f8fd3d 3a86 4fec 944a 857375ba8bfeIcon user placeholder 12
江戸川乱歩傑作選 鏡

江戸川乱歩傑作選 鏡

200cef13 563f 4e85 b40c 9d1c0035d8a0

マシロ

積ん読が其処彼処に小山を築いてい…

乱歩作品の中でも論理パズル、そして乱歩お得意のどんでん返しの作品たちと推理小説についての随筆、さらに同シリーズの「獣」「蟲」に納められた作品とも毛色の違う「木馬は廻る」を収録。「木馬は廻る」は初めて読んだのだけれど、乱歩作品によく描かれている、世間からは異常と見なされる人たちがどこか哀しいのは、この作品に描かれている「何処にでもいる、いた人たち」の立ち行かなさと本質的には変わらないからなのかも知れない。 編者が解説で触れている「重大な謎」、自分はごく単純に考えていたんだけど、もっと隠された謎があるんだろうか?気になってきてしまった。

2か月前

豆の上で眠る

豆の上で眠る

6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f58376

tomo

本が大好きです。

湊かなえさんの作品に多い、衝撃的なラストではないけれど、読後に暗い気持ちになるのは変わらず健在。 それにしても、主人公が不憫すぎる気が…。

4か月前

F7d21f15 b0e3 42c2 8b26 58bc2b0dda827328cc82 7b69 4a9a 8e67 fbed9d25f8f0D84b4b9d 16d7 4b8e 8a2d bf013fe2bd37 35
高校入試

高校入試

Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a

mame3

Books

高校入試の当日という閉鎖された学校空間で、入試をぶっ潰すという予言通りに連続するハプニング。同時進行でネットの掲示板には試験問題が掲載されたり職員会議の模様が実況中継されたり。誰が?どうやって?その目的は? 学校という場で起こる「忖度」は、今読むとブラックすぎるユーモアでしかない。最後まで飽きさせないギュッと詰まった緊張感があります。

5か月前

Effb4c23 fb3f 47c8 9686 b73b6f1adf97Cdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe977832c4bbea 941d 46bd 9ef2 3b222ee6b93f 10