51y6uyj5cyl

あなたが殺したのですか-?強盗殺人で二十三年の刑期を勤め、仮出所した久保島。更生保護施設職員のさくらは、入寮してきた彼の誠実な人柄に強く惹かれる。そんな折... 続き

コメント

物語の主人公さくらさんと同職種なので、読みながら「ん?」「それはないない!」と思うことが多く、素直に物語に入り込めなかったのが残念です。支援している方に特別な思いを抱いてしまうこと自体はまぁ致し方ないとして、その人に他の利用者のことを相談するのは、社会福祉士の職業倫理に反するような…。それとは別に最後のある部分は、職業関係なく突っ込みどころが多々ある気がしました…。小説にリアリティを求めてはいけないのかもしれません。

「更生」とは何かというテーマが一貫してある物語でしたが、確かに何をもってして「更生」というのか、罪を償うこととは、赦すとは、という問いはとても考えさせられます。

施設長の「更生は過去形ではない」という言葉が、一つの可能性を示しているのではないかと感じました。

読者

6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f58376

文学

王とサーカス

王とサーカス

Bfa203ce cf6b 4708 a116 8282ad3cad0b

悠遊

新しいジャンルを開拓できれば嬉し…

太刀洗が学生から社会人となり、異国の地で自らの仕事の意味と向き合う姿が印象に残った。

1日前

4641b11e 4d6b 4862 935c 0dc1d40f80c4B63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb8496bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d06 11