51y6uyj5cyl

あなたが殺したのですか-?強盗殺人で二十三年の刑期を勤め、仮出所した久保島。更生保護施設職員のさくらは、入寮してきた彼の誠実な人柄に強く惹かれる。そんな折... 続き

コメント

物語の主人公さくらさんと同職種なので、読みながら「ん?」「それはないない!」と思うことが多く、素直に物語に入り込めなかったのが残念です。支援している方に特別な思いを抱いてしまうこと自体はまぁ致し方ないとして、その人に他の利用者のことを相談するのは、社会福祉士の職業倫理に反するような…。それとは別に最後のある部分は、職業関係なく突っ込みどころが多々ある気がしました…。小説にリアリティを求めてはいけないのかもしれません。

「更生」とは何かというテーマが一貫してある物語でしたが、確かに何をもってして「更生」というのか、罪を償うこととは、赦すとは、という問いはとても考えさせられます。

施設長の「更生は過去形ではない」という言葉が、一つの可能性を示しているのではないかと感じました。

読者

6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f58376

文学

もののふ莫迦

もののふ莫迦

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

この世のある時代に、忽然と現れる魅力的な人。それは、時代に名を残す英雄であるといっていいだろう。加えて愛すべき漢というのは、時とともに露と消えていくのだろう。 ただ真っ直ぐに進んでゆく姿を、粂吉という情けない常人の立場から描いている。「ついていきたい」けれど「怖い」と怯える姿は、読者だ。 大地のような姫に心惹かれる越後守が、愛おしい。 愛して戦って、思いのほかよい人生だったのではあるまいかと、悲しい結末の中ですら思わせてくれる、そんな漢だった。それを人は「莫迦」と言い、慈しむ。

約3時間前

検事の死命

検事の死命

4d992493 bad7 4881 9601 875848105df6

Matsuyo horikoshi

本好き

初めての柚月ワールド 短編がそれぞれがリンクしていて どれも読ませる。 面白かった。 佐方検事 、筒井検事好きですね。 秋霜烈日 要です。

約3時間前