51fm1fm20hl

目覚めたのは病院だった、まだ生きていた。必要とも思えない命、これを売ろうと新聞広告に出したところ…。危険な目にあううちに、ふいに恐怖の念におそわれた。死に... 続き

コメント

軽妙で、とても昔の作品とは思えなくて。でも、やっぱり、あの三島由紀夫さんなんダァ。。なんて思ったりしました。

その他のコメント

おもしろかったー!帯に騙されたって思わなかった本は久々。
人間臭いのを、こんな風に、ある部分で自然に描けるってすごい。
人の中にある矛盾とか葛藤とか、ややこしい要素が散りばめられていて、でも読んでいてエゲツない表現になってないところが心地よいです。

開き直ると無意識で自由。
けど無意識を意識し始めると、
それを守る事に必死になる。

読者

D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f05faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6c9a042a3b c765 497d a396 72617cab0e5508046b58 10fc 4538 ad28 8bc6ce8e348a99c34dfb 21d9 496d 9296 290523ef6837De457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b073bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87b89bb3154 f54a 41b0 8baf 480b249ffa7c 80人

三島由紀夫の本

永すぎた春

永すぎた春

47a40b97 1d75 48ef 99c6 3596077554cf

なおちゃん

なおちゃん25歳!!

倦怠期のカップルが結婚するまでの話。 なんでもない話だけど、現代と違った常識とか、話し方とかが面白くて一気に読んだ。 郁雄と百子の感情の描写だけやけにリアルで詳細で、登場人物はそれなりに多いんだけど2人が際立ってた。 好きな小説。

7か月前

8fe9c0bf 1fa7 40bd 831f f37f992766deDe457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b034e5be88 bfe9 4156 9130 0b9be3bf65ae 12
沈める滝

沈める滝

D55b8599 4319 47be 8218 2223afa4e9f9

イトウ

学生

血統の良いモテモテの男が俗世間と隔絶した場所にいく、というのは源氏物語みたいだと思った。三島由紀夫は綺麗だけどくどくない。

9か月前

夏子の冒険

夏子の冒険

93f78e92 3ecb 47d1 8688 3088d90302ba

saku908

本が好きです

夏子の情熱への渇望がよく描かれた話だった 最後は意表を突かれる展開で面白かった

11か月前

5432a937 b878 42da 859e 0219425d8c6cB7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d578c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaed
午後の曳航

午後の曳航

5b34824b 851e 4b5d 8a4b e970271f60b2

shin_1201

ジャンルを問わずいろんな本を読み…

一字一句に含蓄が溢れ過ぎてて凄いなー(小並感)てなった。 タイトル好き。

約1年前

0a17d43d 1c1a 40be 807c ce17dd69d7a8Icon user placeholderIcon user placeholder 10