Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41npgqltzhl

デパ地下の和菓子店「みつ屋」で働き始めた梅本杏子(通称アンちゃん)は、ちょっぴり(?)太めの十八歳。プロフェッショナルだけど個性的すぎる店長や同僚に囲まれ... 続き

コメント

お誕生日プレゼントでこの本をいただきました。甘いもの好きなあたしにと、会社の先輩から。『おなか空いてる時に読んじゃだめよ』の注意事項つきでしたが、おなか空いてなくても注意が必要です。

和菓子がもっと好きになって、やっぱり食べたくなっちゃう本です。

デパートの和菓子屋さんでアルバイトを始めるアンちゃんのプチミステリー。和菓子の謎かけでもっと和菓子が好きになる!

登場キャラクターも素敵です!

和菓子屋さんでアルバイトをしている女の子が主人公。
和菓子にまつわる話が、興味深い。
読んでいて和菓子屋さんに行きたくなりました。

登場人物がステキ。みんな一生懸命で、応援したくなる。
続編はやく出ないかな。

ほのぼのして、優しくて、和菓子について知りたくなる日常の謎系のお話。

これを読むとデパートへ行って和菓子が買いたくなる。アンちゃんと立花くんの今後が気になるところ。

和菓子屋さんが舞台のほっこりミステリ連作集。和菓子が好きになる。
登場人物たちがそれぞれユニークで、大好きです。

読んでる途中でも「和菓子たべたい!」ってなるほど和菓子の魅力が詰まってます

餡子の表紙に惹かれて読んだ。ジュニア小説を読んだような読後感だけど、面白かった。和菓子食べたい。

読んでいて和菓子が食べたくなります!
読み終えた時に少し和菓子について詳しくなっている自分がいて驚きました。

坂木司さんの著書を初めて読んだのですが、他のものも読みたくなってしまいました!私の中では珍しい!

坂木司さんの探偵シリーズのファンです。シリーズの続編を待っている時に出会った本です。ちょうどお正月前に読んだのですっぽりと内容にはまってしまいました。ケーキより和菓子党です!

飲食の接客業をしている人に特にオススメ!日常の謎解きも面白いです!

和菓子から読み取る歴史、日本語の美しさ。
古くから伝承される和菓子のひとつひとつには沢山の物語がある
和菓子食べたくなる!!

主人公や周りの人たちの人間性や、食べ物に対する価値観が素晴らしい。
私も、こんな風になりたい。

「お仕事ミステリー」と銘打っているけど、日常のちょっとした謎を解くだけで、ミステリーまではいかないと思った。
ぽっちゃり体型の梅本杏子がデパ地下の和菓子屋さんで働くことになり、ヤクザ風の和菓子職人やオトメンやイケメン同僚らとの交流が楽しそうで、こちらも心がほっこりした。
和菓子の名前の意味や歴史もわかり、一石二鳥の仕事だなぁと思った。
杏子とオトメンの立花草太郎が良い雰囲気のように感じて、2人の行く末を見守りたいと思った。
恋人のいるお客さんが多かった。
クリスマスやお正月などイベントごとが多くて、これからにぴったりだった。

和菓子ミステリー?です。和菓子が食べたくなるのはもちろん、まんじゅうみたいな主人公に癒されます。デパートでバイトしたことがあったので、デパートのバックヤードを思い出しました。

この本を読むと、和菓子を食べたくなる。ほっこりだけど、謎解きあり。

読者

885d1143 baf5 44af 8efc c38f0d3be472Cb03afce 248d 465e 9655 aa926485f44576bc0f85 8cb3 4e46 a3f5 c23b5baeb96dIcon user placeholderIcon user placeholderBb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a3a12060b 4cd8 48ec 9733 fdbcc60eb8aaIcon user placeholder 57人

坂木司の本

僕と先生

僕と先生

19417329 4e84 446d b72e 809e2c04caae

キトキ

おもしろければ、ジャンル問わず、…

怖がりな大学生「僕」こと二葉と、アイドルばりのルックスをもつ中学生探偵「隼人くん」が、日常の謎を解決していく『先生と僕』の続編。 今回は、社会の不条理や多面性みたいなものを知って、二葉が戸惑うようすが多く描かれていたように思います。 二葉がもっている若者独特の潔癖さと、でも世の中それだけじゃないっていう気づきは、自分にも身に覚えがあるので、なつかしいなーって思いながら読みました。二葉と同じ大学生くらいの子たちにオススメしたいかも。 隼人くんが大人たちから情報を引き出したり、思い通りに動かすために、かわいくふるまっている時は、ついコナンくんの声で読んでしまいます笑 そして、本に挟んである「15周年おめでとう」小冊子に並んだ、各出版社の担当編集者からのメッセージ!刊行予定も出版社関係なく並んでいて、みんなで坂木作品を推していこうってきもちが感じられて、坂木先生というのは編集さんに愛されている作家さんなんだなあ、と思いました。

5か月前

Icon user placeholderE9f19941 aa8b 4782 82b1 0df464084d5e889d1290 45bf 4066 b0cf aac8b717b22e
ホリデー・イン

ホリデー・イン

3e223e12 b768 4f8d 9a12 56e647614378

REO

趣味:読書、カメラ

シリーズを順に読んだが、サイドストーリーは続けて読むのがオススメ。 この筆者の本を他にも読んでみたいと思う。

6か月前

Icon user placeholderA118227d 0b04 4771 a2a4 742d6d23842c53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a 11
ホテルジューシー

ホテルジューシー

14357dc9 c08c 4092 9101 cd7cb9b3d23a

Rino

いろいろなパッケージや 新聞のチ…

-うまくやるために目をつぶるくらいなら、 下手くそでもずっと目を開けて すべてを見ていたいと思うから。(本文より) 怒りとか悲しみとか妬みとか よくないイメージの感情を持たずに どうやったら生きていけるかなと 思うことがよくある。 でもきっと、 感情がわかないように先回りしたり、 なかったことにするより、 感情をほどよく逃しつつも、 それにふりまわさるてみるのも 人間らしくてよいのだろうな。 全部わかったふりして生きるより えー?!そうなんだ!って 笑ってるほうが楽しいかもしれない。

6か月前

B0fb326e aa55 4ad1 a342 aeb0088fc3baD86defdc 8e95 46a4 a305 1a4c7b232c2c