51tg tuyyql

ちょうちょうなんなん(喋々喃々)=男女が楽しげに小声で語り合うさま。東京・谷中でアンティークきもの店を営む栞。ある日店に父親に似た声をした男性客が訪れる-... 続き

コメント

大好きな1冊
切なくなるほど
ほろ苦いけど
ほんのり甘い本です。
すきな人と過ごしたくなる

その他のコメント

桃の匂いを深呼吸して吸い込みたくなる
商店街や 喫茶店 着物 古き良き時代の生活は夢がいっぱい

読むと幸せな気持ちになる小説。
四季の移り変わりが見事で、
なによりもイッセイさんが粋で魅力的。

読者

0402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a001ef961b3 81f0 49f8 9519 151b6992948a48b8c55e 0ea8 4b52 8fa2 66d3dfd96988Icon user placeholder97a324dc 0c61 4901 b94b c33e24c3f3516cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c94e67008 1e6b 4971 8bfa fe092db3c9f2F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac 38人

小川糸の本

卵を買いに

卵を買いに

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21

bitte

本の虫

小川糸さんのエッセイ。 海外で暮らしたり、北海道へ旅行に行ったり、わんちゃんとののんびりした生活。 あこがれます。

5か月前

3e6d2ad8 fb13 4fc9 80ce 48e366b45e5356758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2cF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac
ツバキ文具店

ツバキ文具店

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21

bitte

本の虫

親の心子知らず 失くした後に気づいても、遅いけど、 遺してくれたものがある 紙に書くって心の整理になるのかもしれない 鎌倉に行きたくなります

9か月前

3e6d2ad8 fb13 4fc9 80ce 48e366b45e5347834be7 01aa 4244 94dc 3d85d68e283c33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737 94
ミ・ト・ン

ミ・ト・ン

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

各国それぞれにいろんな風習や考えがあって 本書はラトビアという国がモデルになっていて 国の全ての人がいろんな場面でミトンをはめている 女性が編み 旦那さんや両親や親戚、はたまた近所の人にまで 作ってプレゼントする 日本でいう八百万の神と同じで 物にもその辺にある石にも全てのものに神が宿っているという考えから ミトンに願いを込めて神の模様を編み込んだりしている 物があまりなくても心豊かに過ごせるのは 神への信仰や感謝の気持ちがあるからでしょうか

約1年前

112126e4 a4a4 4c99 b42f 3e106543ebc23221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362e2f9c8e23 5832 4f9a 848c 70f8907e72b5 26