Btn appstore Btn googleplay
51advyz yal

叔母から受け継いだ町屋に一人暮らす祥子。まったく使わない奥座敷の襖が、何度閉めても、開いている。 (「奥庭より」) 古色蒼然とした武家屋敷。同居する母親は... 続き

コメント

素晴らしいですね。
新しい切り口のホラーで、しっかり怖い(>人<;)
さすが巨匠

その他のコメント

古い建物に纏わる恐怖をほんの少し建物を修繕する事で回避する営繕かるかやのお話6編。
そこには幽霊退治や壮大な因縁話の探求など何もない。ただそこにあるのは「日常」である。
確かにリアルな生活とは、大なり小なり「折り合いをつけて」暮らしていく事なのかもしれない。
ただどの話にも主人公の身に起きたことを気にかけて助けとなってくれる人がいる。それが一番救われる事のような気がした。

読者

4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5Icon user placeholderE1f82eb1 b3d0 4ca0 bb5b 97d04042b6f8Icon user placeholderIcon user placeholder2f7d9080 c35b 4b8e a300 64c7f2c54b9092cc7c47 8c16 4ac5 8df8 1103aa1004c149c0ee70 38c3 41be a15a bcf2aa76a724 24人

小野不由美の本

ゴーストハント4 死霊遊戯

ゴーストハント4 死霊遊戯

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

もう文庫版出そうだけど、その前になんとか読めた。シリーズ4作目。ヲリキリさま怖い! 麻衣がだんだん戦力になって来てる感。夢の方のナルの謎が気になるところですねー。

約1か月前

白銀の墟 玄の月 第四巻

白銀の墟 玄の月 第四巻

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

残り100ページを切って、一ミリも終わる気配が無くて、どうなることかと心配した。 この物語に関わった誰か一人が欠けていても事は成らなかった。 そして、それは泰麒から始まらなければ、終わらなかった。 その意味では、麒麟は民の意思を具現化する装置であったのかもしれない。 ここまでの凄惨な体験があったからこそのあの行動。麒麟の設定を最大限に活かしたサプライズが活きてくる。 一方で、今回は群像劇に寄せてしまった。 これまでは個人の成長を主として描いて来たこのシリーズとしては異端の作品になったと言える。 泰麒の心情にもっとフォーカスして欲しかった気持ちもあるし、驍宗の内面が殆ど描かれなかったのも、もどかしい感。 人道的には全く許されないであろう琅燦の罪。 彼女が何をしたかったのかは、今度の短編集で少しは明らかになるのかな? 王と麒麟が死なずに失踪すると、システム的に国が詰んでしまう。 この世界のバグの謎を検証してみたかったのか?

8か月前

D3579b84 acbe 4694 8ebe fdace3aba40c7bddde0b 2df4 429d ac4e 4962ede8a3faIcon user placeholder 21
白銀の墟 玄の月 第三巻

白銀の墟 玄の月 第三巻

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

物語がようやく動き始めた。 泰麒試練の巻。ここで『魔性の子』の話出してくるのひどい!絶対泣くじゃん。 そしてついに来たーーーーーーーーーーーーっ(←うるさい このままバッドエンドの可能性も考えてたわ。 連絡手段くらい残しとけよとか、叩頭させればすぐわかるんじゃね?病む人と病まない人の違いは何なの? とか、読者がツッコミそうなところをキチンと潰してくる小野主上さすがです。

8か月前

D3579b84 acbe 4694 8ebe fdace3aba40c7bddde0b 2df4 429d ac4e 4962ede8a3faIcon user placeholder 21