51advyz yal

叔母から受け継いだ町屋に一人暮らす祥子。まったく使わない奥座敷の襖が、何度閉めても、開いている。 (「奥庭より」) 古色蒼然とした武家屋敷。同居する母親は... 続き

コメント

素晴らしいですね。
新しい切り口のホラーで、しっかり怖い(>人<;)
さすが巨匠

その他のコメント

古い建物に纏わる恐怖をほんの少し建物を修繕する事で回避する営繕かるかやのお話6編。
そこには幽霊退治や壮大な因縁話の探求など何もない。ただそこにあるのは「日常」である。
確かにリアルな生活とは、大なり小なり「折り合いをつけて」暮らしていく事なのかもしれない。
ただどの話にも主人公の身に起きたことを気にかけて助けとなってくれる人がいる。それが一番救われる事のような気がした。

読者

Icon user placeholder2f7d9080 c35b 4b8e a300 64c7f2c54b9092cc7c47 8c16 4ac5 8df8 1103aa1004c149c0ee70 38c3 41be a15a bcf2aa76a724F6def76e 5d46 4349 aa55 034be506ccd23d3c14a0 d931 4d0a bf59 8db721e1786dEed2419f 2b1b 46e7 a20a 7a322cb7e9dcCee9898e 9704 47ce 97e2 a3a55b47bfd7 20人

小野不由美の本

華胥の幽夢 十二国記

華胥の幽夢 十二国記

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

シリーズ初の短編集。 商業誌に発表された「冬栄」「華胥」と、初出が作者の同人誌で、幻の作品とも言われていた「書簡」「乗月」「帰山」を収録。 「冬栄」は漣にお使いに出されていた泰麒のお話。これ阿選も同行してるんだよね。最後の平穏なエピソード 「乗月」は芳国、月渓のお話。苦渋の選択として王を弑した罪と向き合う。「人は変われるのです」青辛、武官なのに教養あって弁も立つ 「書簡」は仲良し遠距離カップルの話。青鳥が便利過ぎる。 「華胥」は先代采王の栄光と挫折。 責難は成事にあらず 悪政を敷いた先王を非難し、尽く先例を覆し続けたら政権として詰んでしまったというどこかで聞いたことのある話。理想だけでは国は救えない。 ミステリ仕立てにもなっていて、謎解きの楽しみもある。 「帰山」は、柳国編。諸国漫遊が大好きなあの人とあの人の話 国が傾き始めるとこういう連中が偵察に来るわけで、この二人が揃ってやってきたら国家衰退の兆しと思っていい 風漢(笑)の破滅願望は、最終的に十二国記世界のラスボスになるのでは?と、当時思ってたのだけど、そこまではいかないかな?

2日前

F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0F42c9bc6 3205 4a7f a4d0 18cd6f5ef935Icon user placeholder 9
白銀の墟 玄の月 第二巻

白銀の墟 玄の月 第二巻

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/11/03 読了 う〜ん、思うところはあるのだけれど、その目的が分からず、果たして正解かどうか。 それにしても、この展開は……。 続きが待ちきれない。 『黄昏の岸 暁の天』でも読み直すかぁ。 早く出てこい驍宗❗️

9日前

851628fa 3a04 4a45 9f11 73c3df66fff6F42c9bc6 3205 4a7f a4d0 18cd6f5ef935E9ae9575 cb95 48bd 80a7 c7a5acf6cc8f 14
黄昏の岸 暁の天 十二国記

黄昏の岸 暁の天 十二国記

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

十二国記 エピソード6。新刊出たのでおさらいのために再読。 『風の海 迷宮の岸』の続きで、『魔性の子』の裏番組みたいなお話。陽子の物語と泰麒の物語がここで重なる。最新刊『白銀の墟玄の月』の前日譚。 でも、実質的な主人公は李斎だよね。名セリフのオンパレードで、後半は目から熱いものが。 で、次はどうなるんよ!! と思わせておいて、続きが出たのが18年後とか。 でも、完全に内容忘れてて、阿選とか、そう言えば居たなという感じ(←忘れすぎ

13日前

F42c9bc6 3205 4a7f a4d0 18cd6f5ef935Icon user placeholder830660e4 2f4a 47e1 8704 59638927714d 9
東亰異聞

東亰異聞

200cef13 563f 4e85 b40c 9d1c0035d8a0

マシロ

積ん読が其処彼処に小山を築いてい…

明治のあやかし跋扈する夜、不可解な死が横行する。人魂売り、易者、辻斬り、首遣い、般若蕎麦屋に珍妙な読売り、そして闇御前と火炎魔人。魑魅魍魎渦巻く中に、家督争いの異母兄弟。新聞記者・平河新太郎は、便利屋・万造と事件の調査に出る。そして物語を俯瞰する狂言廻しが人形に語る「夜の者」とはーー。 家督以外の全てを持たない兄・直と、家督以外の全てを持っている弟・常。家督争いの渦中にある兄弟がそれぞれ違う場所で同じ思い出を語るシーンは、幕切れを知ると一層哀しい。でもこういう話が大好きだ。部屋に長いこと積んだままだったのを一晩で一気に読んでしまった。

15日前