51mdpqdtd3l

やっと出会えたはずの高級官僚の男は、新幹線爆破テロの発生直後から様子がおかしくなる。怪しんだ彼女が警察に通報すると、待っていたのは自分自身の逮捕だった。「... 続き

コメント

先が全然読めない。曲者ばっかで、「ふざけるな!」叫びたくなる面白さ。

読者

C1328c50 7403 4c06 af9f dccee519f9e4

木内一裕の本

不愉快犯

不愉快犯

Df76215c 0d5c 423b be24 8c8270ec4435

りんご

東京都 伊坂幸太郎さん、誉田哲也…

絶対犯人と、切れ者刑事の闘い。一気読み。

1年前

藁の楯

藁の楯

9b94dc27 05e4 4460 ab4c 5cce8ad9f065

N

伊坂幸太郎読んでます! 色々視野…

この本は映画を観ていて 読もうと思いました。 護る価値の全くない人間を 日本中の人間が命を狙う中 それでも自分の信念を貫いて 護り抜く主人公が格好いい。 自分が同じ立場なら絶対 護るなんて出来ないです…。

約4年前

3ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3aD4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a3c3545be ef22 45e6 8e4b 1f3c15b85839 9