510kvmetwbl

新潮社 2006-02

「レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」。香水の新ブランドを売り出すため、渋谷でモニターの女... 続き

コメント

ショートカットの若い女性が出てきた時点であれ?と思ったのだけど、あ、そうかこれ「逢魔が時に逢いましょう」と同じ作者かぁ〜と。ショートカットで行動的な小柄な女性と不器用な男性のコンビ、お好きな組み合わせなのでしょうか(笑) 残酷な犯罪の物語ですがこのふたりが少し救いになっています。

初版時とは時代が移り変わり、当時最先端だったiモードも若い子のファッションも古さを感じざるを得ませんが、噂の持つ後ろ暗さと恐怖は充分に味わえます。

私は本屋のカバーをかけたまま積本していたのですっかり帯の文句は忘れて読み終えたけど、読み終えて改めて見て、あのラスト1行云々のコピーには反対です。
登場人物がそれぞれに抱える悩みや背景、次第に明らかになっていく事件の本質など、ラスト1行だけでなく物語の本質が衝撃なのです。

その他のコメント

読者

E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baecD4012687 5c22 4483 aed6 3f752ca2fe72E749421d ae14 439a b62a 1f895b073eab2642492b ebb0 4eaa ae98 7745051d9efdIcon user placeholder3c4caf3d 2806 4e18 b128 2c7b6cf7754dE458d4c3 ece0 4f33 8a16 2bfbf9903e1f2a0e4519 dda3 4db5 8dff 8e25eeb5269c 50人

荻原浩の本