51qhmpxi41l

たとえ逆賊の汚名をうけようとも管轄下の在留邦人四万の生命を守るため、ソ連軍と戦い、その責任を果たした指揮官の波瀾の道のりを描く-個々の作戦から終戦処理に至... 続き

コメント

『この命、義に捧ぐ』がちょっと物足りなかったので、こちらも読んでみることに。根本博の人物の大きさはこちらの方がよく伝わってくるね!あと酒好きな面も。笑 8月15日以降、天皇の命に背いて、四万人の日本人を救った日本人のことをよく覚えておきたい。きっとぼくの母も根本氏に救われたひとりなのだろうから。

読者

01c48291 800f 46f1 b689 c087c8cb7020

文庫

アムリタ

アムリタ

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

大学の映画サークルでの一幕。 天才が天才故の倫理観で無双する話。これ、ネタバレなしで感想書くの難しいね。 天才ならではの描写は、そこはかとなく、森センセの真賀田四季を連想させられる。 新装版出たけど、中身はどれくらい違うんだろう。

2日前

E524c3c4 c31b 442b b205 216ab74917798bd418a8 d4e9 4159 9418 0a9a5950206e1852c7f9 c8a3 4c55 bfe9 81a2fc5cd664 10
無人島に生きる十六人

無人島に生きる十六人

F58430f1 de0e 47fc af25 b336342c4be9

yuji

30代

レビューで知ったが実話とはすごい 明治時代の勤勉で何事も一生懸命な日本人達の遭難した話 日本人がみんなこんなだったら本当に日本はすごい国になるだろうと思う

2日前

E749421d ae14 439a b62a 1f895b073eabB07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947D6fe5dc5 0d13 4f56 bf1c dc3743379840 8