41cw6rjogul

四人の声で語られる百年の物語。フィンランドの新鋭、衝撃のデビュー長篇。助産師として強く生きた祖母。写真技師だった奔放な母。子供好きで物づくりに長け、若くし... 続き

コメント

これはフィンランドの小さな村に住む、ある家族の物語。
この家には、伝えなかった言葉があり、使われなかった拳銃があり、燃やされた手紙があり、家族にさえ言えない秘密がある。
互いの胸のうちに秘密を抱えたまま、理解できない家族のふるまいに怒ったり泣いたり傷ついたり…それでも、毎日を生きていく。
そんな家族の100年の物語。

本書はマリア、その娘のラハヤ、ラハヤの息子の嫁カーリナ、そしてラハヤの夫オンニの四人の章に分かれている。
数年おきに起きる小さな事件が、時代を行ったり来たりしながら語られる。
違う章で同じ出来事を違う人物が語ると、出来事はまったく違う様相を見せる。
秘密を明かさない故に、寂しさも愛しさもまっすぐに伝わっていないことが読者だけはわかる。
それが本当に、せつない。

ただよく読むと、実は彼らの秘密はいつの間にか次の世代にひそかに伝えられていることが分かり、それはそれで救われる思いがする。
そして、その秘密の最後の継承者が血の繋がりのない嫁カーリナであることが、またいい。
この家の秘密は、血ではなく、それを引き受けられる強さと感受性を持つ者に継がれていくのだ。

読者

38e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b182384d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a96909b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d 3人

文芸

理由

理由

3a2b47f1 f858 4450 9ced afecef3d3d89

NB

27歳、社会人

信子の、石田さんと対面したときの描写が、もうなんともリアリティー。ここまで目の前で描けるとなると、文学の領域の広さに驚く。 相変わらず、現代社会の闇を描いた傑作。

約6時間前

Ec590c29 e53f 46eb afb0 d6ac20a94e00E014b6cb 83fe 4e54 93cc 355c9b858fe0Icon user placeholder 9
風待ちのひと

風待ちのひと

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます

トラックドライバーの間で噂になってる 通称「ペコちゃん」 ペコちゃんに親切にした人には福が舞い込むという 須賀哲司はそのペコちゃんをドライブインから美鷲まで乗せてくことになる それが2人の出会いだった 心が病んで いっそ死のうかという気持ちの中 土足で踏み込んでくる喜美子(ペコちゃん)に辟易しながらも 少しずつ少しずつ距離を縮めていく2人 鬱陶しがられても ズカズカと踏み込んでいくおばちゃんパワーが時には必要で それが結果的に哲司を自殺願望というか現実逃避から救うことになった 個人的な意見ですが 哲司の奥さん 苦手なタイプなので 夫婦の会話の部分はイライラしました

1日前

ポスドク!

ポスドク!

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

プライドが高いだけ高くて世渡り下手な主人公が、別に成長するわけじゃないけど(30超えると成長って感じじゃない)、ちょこっと変化するお話。 いろいろあって甥っ子と同居していたり、上にのし上がりたくてものし上がれなかったり、一方的に警戒していたコがめちゃくちゃいい子だったり、お世話になってる中華料理屋さんから厄介な仕事頼まれたり、蓋を開けたらとんでもないプロジェクトの後釜になったり、ぐちゃぐちゃな日常も面白いけれど、出てくるキャラクターが個性的で面白かった。

1日前

699fafbc 8f1c 4fe0 9ba5 b924679d1b13A92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955f