41%2bzjwpmpjl

音もなく空気が抜けるように、気づけば「恋」が人生から消えている。そんな時僕らはどうすべきか? 夢中でページをめくった。――新海誠(アニメーション監督)イノ... 続き

コメント

読み終わってからも、このお話のことをずっと考えていました。特別な感情をカテゴライズするのは、難しい。だけども、向き合わなければ触れる事ができない、静かで深い心情は、川村さんの本、独特だと感じます。

演出も面白いし、表現も豊かだし、一気読みしてしまった。日々を大切にしないと、生を感じるのは対人コミュニケーションを取った時だと最近感じていて、近しい部分に共感できたのでこのタイミングで読めて本当に良かった。

月食の時の月と太陽みたいにある一瞬しか重ならなかったのに、すごく大きな影響を受ける人、確かにいると思う。

カメラを始めたくなった。思った時にきちんと伝えないと後悔してしまうという事。

男女の複雑でややこしい感情をここまで的確な言葉で表現できる人がいるなんて。

結婚を控えた男性に 突然 大学時代の彼女から 手紙が届くところから始まります

愛情はいつかはなくなって 情に変わると言われても 情も愛情の一部だと思う
夫または妻への情、子供への情 失いたくないと思っているうちは 愛情であって欲しい
情に変わるというよりも 愛情の形が変わると言って欲しいですね

わたしは愛したときに、はじめて愛された。
それはまるで、日食のようでした。

普段感じてる言葉にしようともできない薄い空気感がここでは表現されていた。本の中で繰り広げられる会話がいちいち素敵で、私もこんな会話をしたいと思った。時系列が動き、伏線が張り巡らされていた。

「わたしの愛」と「あなたの愛」が等しく重なるときはほんの一瞬ってわかる気がした。
この時を大事にして今の人との関係を続けていきたいなって思った。
あとはインドのカニャークマリに行きたい!!

恋をする。愛する。その境目は、どこまでも続く水平線のように、どこまでいってもぼんやりしている。恋も愛も、どちらも兼ね備えた恋愛をしたいと願うけれど、誰もがそれをどうやって手に入れるかはわかっていないような気がする。
どこまでも朝もやの中を歩いているような、ひんやりした空気に癒されつつ進んでいく、そんな感じのする一冊でした。

物語中の登場人物たちの言葉に感化された。
恋愛って神経衰弱みたいなもの、いつも相手の手数の少なさに失望する

カメラの描写とても良かった
一瞬を切り取る面白さ

人間の恋愛感情についてこれまで的確で素敵な言葉に出来る人はいない?!

自分の経験した気持ちを客観的にみせつけて(教えて)もらえたような、そんな気持ちになった。
ちゃんと自分のこと、相手のことを知っておかなければいけない。好きな人と一緒にいるためにはもっと知らないといけないことがたくさんある。

読者

9a6040ad ca72 4070 b5be f3a1fe67881cC679b118 7132 4af8 91da 063ee59d4621Icon user placeholderIcon user placeholderEd70c2cc d684 4013 9d31 92067e2dce7dF0481dd6 d29c 49a2 a268 34f849806988D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453C3d1845f 9b56 4c33 a555 61091d93e415 135人

川村元気の本

億男

億男

5fa6f8e9 4c6e 40d1 85fa 284066c7a6cb

hana

高3 洋書 / 和書

映画化されるので、読んだ本。お金について考えるいい機会になった。競馬の話が好き。

約2か月前

Icon user placeholderD24ac79e 28c1 4912 b387 762c0b09ea76344d13b7 53ef 45f2 aeea f22c29672455 27
世界から猫が消えたなら

世界から猫が消えたなら

A7ec97be 9a95 4aee 8a29 9486df6973f3

kotsusato

よむよむ

映画とはまた違った苦しさと暖かさがあり、やっぱり泣いてしまった。 大切な誰かが、やがてこの世界から消えてしまうこと。後悔する前に想像を。

約2年前

9a6040ad ca72 4070 b5be f3a1fe67881cF74cd29a 9994 4b78 87f9 bf9ffd937ecaB3302881 8e87 48dc 91fb 4e7e555407bf 23