41%2bzjwpmpjl

音もなく空気が抜けるように、気づけば「恋」が人生から消えている。そんな時僕らはどうすべきか? 夢中でページをめくった。――新海誠(アニメーション監督)イノ... 続き

コメント

男女の複雑でややこしい感情をここまで的確な言葉で表現できる人がいるなんて。

その他のコメント

読み終わってからも、このお話のことをずっと考えていました。特別な感情をカテゴライズするのは、難しい。だけども、向き合わなければ触れる事ができない、静かで深い心情は、川村さんの本、独特だと感じます。

演出も面白いし、表現も豊かだし、一気読みしてしまった。日々を大切にしないと、生を感じるのは対人コミュニケーションを取った時だと最近感じていて、近しい部分に共感できたのでこのタイミングで読めて本当に良かった。

読者

Icon user placeholderDd15e820 db42 44ad 9f27 88f6fce2f87c6622c379 8093 49a9 9928 abe4bcb9f35eAac5e51c 6388 4a55 86c3 e88cf565b4db42e5adf2 e65b 46d8 94f2 1ceb8f5a58ff43109ea8 d661 4456 b359 a01ecf24872aCf2696c2 2b3a 4fd6 9146 4fa873b175270bf64941 7f34 4cc5 bb39 922fcdd17561 164人

川村元気の本

四月になれば彼女は

四月になれば彼女は

3ad5edaf 2c78 40ec bb27 c54fdb4821a0

おなかすいた

とりあへずマイペースで

燃えつき症候群なのか、新たな目標や、これといって楽しみが見出せない最近の自分に、主人公の冷めたカンジが重なった。 大切な人との思い出の収め方も素晴らしい、忘れていきがちだが、改めて大事にしなければと感じた。 テーマに難しさ、話の進行に読みにくさもあったが、現在の自分と向き合ういい機会になったのかも。

29日前

Ff6412c3 1eed 48fa 9def f8fa740df82bB238858e 1e0a 4573 b97b 2c31572f0673Dd68cf61 1373 422d b23d ecb993c4a24c
百花

百花

Icon user placeholder

Chie Mochida

自分がもし認知症になった時息子は私に対して何を思うだろうと思いながら読んでいた。失われて始めて気がつかされる事があるのなら、それも悪くないな。しかし、やっぱり私はいろんな事を覚えていたい。 この本を読み終わった後、幼かった息子と2人で蕎麦屋へ行った時の事をぼんやり思い出した。これだけ一緒に暮らして来たのに思い出はどこの抽斗にしまわれているのかな?この本は悲しい話だけれど心が温かくなった。

5か月前

18dfc70f 9cf4 4b77 9926 2ca9b6a433b80bf64941 7f34 4cc5 bb39 922fcdd17561Icon user placeholder 16
億男

億男

5fa6f8e9 4c6e 40d1 85fa 284066c7a6cb

hana

大学生 洋書 / 和書

映画化されるので、読んだ本。お金について考えるいい機会になった。競馬の話が好き。

約1年前

3ad5edaf 2c78 40ec bb27 c54fdb4821a07e81764b d660 40d8 820e f9f626ca5c1043109ea8 d661 4456 b359 a01ecf24872a 42
世界から猫が消えたなら

世界から猫が消えたなら

A7ec97be 9a95 4aee 8a29 9486df6973f3

kotsusato

よむよむ

映画とはまた違った苦しさと暖かさがあり、やっぱり泣いてしまった。 大切な誰かが、やがてこの世界から消えてしまうこと。後悔する前に想像を。

約3年前

4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b433db51df0 af67 4e44 8e91 44a0026119aa3b86337e c8d6 4684 a937 05b839378328 26