41gx%2b%2b0vuel

コメント

ノスタルジーやマテリアルに傾きがちな団地本に於いて(好きだけど)生活の場としての団地に心地よさを感じるのはほとんどの執筆が女性だからか?短編「向かい合わせの二つの部屋」松田青子に描かれるゆるやかな地域共同体としてのこれからの団地の姿を見た。読了後「エイリアンズ」を口ずさむ。8篇の団地アンソロジー。

その他のコメント

装丁にひかれて手に取ったら、幼少期に育った所が団地町だったことをすっかり忘れていたことに気付いた。少子高齢、移民受け入れ、コミュニティへの渇望といったキーワードよりも、当時その周縁の借家に住んでいて、それは「団地」に対しての「分譲地」という言葉であったことを、これまたおもいださでてくれた。

読者

Icon user placeholderBba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b5235cf1c ad95 4d17 a234 e8aca9f68f3d4302bf7a 4009 42d7 b858 83dc71a84588870e5356 1916 4821 b503 59c16c5338df52337dfe f90d 48d1 873c 780390df600fE47ba910 26e7 49de b875 f6e3646efb056cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c 15人

山内マリコの本

かわいい結婚

かわいい結婚

4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2

snowparade

漫画多めです。小説も読みます

「かわいい結婚」という、皮肉のこもったタイトルが本当山内マリコさんの作品だなぁと思います。笑 「結婚」でうまくいかない女性たちの話で、それぞれに頑張っているのになかなかうまくいかない…そもそも「女性は専業主婦だろうと働きに出てようと、家のことをしなくちゃいけないわけ?!」とか「なんで女の幸せが結婚なの?!」とか、あるいは「女が面倒臭いのって、ちゃんと理由があるんだよ?」とか。 きっと「分かる〜」って共感したくなるシーンがたくさん散りばめられてると思います。 女性はもちろん、男性にも読んで欲しい作品で、ここに出てくる女性たちを「面倒臭い」だとか「しょうもない」だとか思っても、ああいった感情を世の中の女性が多少は持ってるものなのだと感じて欲しいな。 女性に対する皮肉も含まれてて、不満はいうけど、結局なすがままなところとか、同じような服同じようなメイクが街中にウジャウジャいるとか。 それがまたコミカルに描かれるので、もう笑えてしまいます。

約5時間前

B66161c7 c6fc 47d8 9359 febfe3239071De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c
パリ行ったことないの

パリ行ったことないの

A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a

まる

発芽マニア? 旅と文庫本と熱帯…

「パリ」をキーワードに年齢も境遇もさまざまな10人の女性たちが織りなす物語。 表紙の絵を見たとき初めは翻訳本かなと思ったが、よく見ると私たちの日常のどこにでもいる女性をとてもよく表している。 10人の登場人物を半分くらいにおさえて、一人ひとりの物語にもっと厚みを持たせたほうがよかったのでは、と思う。少し物足りない。

10か月前

2263f4a2 791b 4ffe b8fe 94d359b929a9D3f10d98 87b1 4c10 8449 416c757048fePicture 25
ここは退屈迎えに来て

ここは退屈迎えに来て

73de1256 17a4 4d9a 895d f8544061d541

Kana

もともと読書メーターでレビューを…

ここからどこへも行けない女の子たちの閉塞感にじわじわ蝕まれるような連作短編集でした。田舎町に生まれ、学生時代は輝きを放っていた男の子も気付けば冴えないおっさんになり適当に結婚してゆく虚しさ、田舎に反発しながらも憧れの都会の孤独に耐えられずに地元に舞い戻る敗北感など言葉にしがたい地方の若者たちのリアルが巧みに表現されています。人生の選択肢があまりに少ないというか。インターネットが発達したらこういう生き方も変わっていくのかいかないのか。読み終えてからずっとモヤモヤしています。

約2年前