61npb0oxjdl

2019年(正化31年)。公序良俗を乱す表現を取り締まる『メディア良化法』が成立して30年。高校時代に出会った、図書隊員を名乗る"王子様"の姿を追い求め、... 続き

コメント

2007年、本屋大賞第5位。
ベタ甘の恋愛小説としても読めるが、その実、言論や政治についても深く考えさせられる。
「1. 図書館は資料収集の自由を有する」「2. 図書館は資料提供の自由を有する」「3. 図書館は利用者の秘密を守る」「4. 図書館はすべての検閲に反対する」という、実際の図書館が掲げる宣言文が物語の着想となり、表現の自由(言論統制)や市民の政治への関心(の低さ)などが取り沙汰される昨今に読むべき一冊となっている。
また、物語内で本を守る「図書隊」と言葉狩りを行う「メディア良化委員会」の抗争の描写が、火器やフォーメーション、武力行使者のジレンマなど丁寧に描かれていながらマニアックすぎない程よい臨場感があり、ミリタリー小説とでも言えそうな要素もあって色々な読み方が出来る小説だった。
ちなみに2巻以降も以下続刊で、読み進めるごとに更に面白くなっていくのでしばらく読書に困りません。

おもしろい。なんてもんじゃない!
読んでない人は損してる。
映画も良かった(๑′ᴗ‵๑)

ラブストーリーにきゅんきゅん!…ってだけなら、正直どハマりしなかったと思う。検閲で自由な言論が妨げられた世界、本が狩られる世の中で図書隊という架空の組織が戦うっていう設定の面白さ、緻密な設定作りでこの本の世界観にどっぷり引き込まれる。それが本当に面白い!シリーズ全てあっという間に読めてしまう。でも、やっぱり個人的に、ラブの要素が、たまらん笑

【言論統制】
表現の自由が取り沙汰される今読むべき小説

面白すぎて一気に読んだ。堂上かっこよすぎでしょう。最初から気づいてはいたけど、それでもニヤニヤが止まらなくて、電車の中で読んでいて堪えるのに必死だった。

ずっと気にはなってたんですが、やっと読めました。

正直なところ、軍モノはちょっと苦手分野…だと思ってましたが、そこはさすがの有川先生。なんて読みやすいスタイルでしょうか。

やっぱり有川作品のステキなところだと思うんですが、キャラクターが生きてるんですよね。作品中、会話ばかりな訳でもないのに、なぜか頭にキャラクターを想像しやすくて。

これは続編も仕入れてこなければ…そして、映画も見てみなければ…

あーおもしろかった。小説読んでる感じじゃなかったな〜。もちろんすっごくいい意味で。

この本に出会った時。
私も郁が王子様と出会った時と同じ、高校生でした。
何度もなんども読んでいます。
胸が熱くなる、最高の本です。
ドキドキハラハラワクワク一気に楽しめる一冊です。
一度読んだら病みつきです。

設定は好き。でも、中二感があまりハマらなかった…映画は見たいですが。。

どう考えたって、非現実的な設定。
だけどそこに出てくる人たちの想いや感情がリアルだし、何故か理解できて共感してしまう。
だからこそ一気に読めるし世界観に身を投じることができるから、飽きる瞬間もなく、読破できてしまう。
これが有川マジック。

何度も読み返すほど好き。少女漫画のようで、そうじゃない。言論統制についても思慮する機会となりました。有川浩ファンになった一冊。

最高に面白い本
これをきっかけに、有川浩さんの本を読むようになりました。

政府によってメディアに規制がかかった時代。本を検閲から守るために戦う隊員たちの話。
ラブコメ的要素も若干あり…かな。

有川作品に出てくる登場人物たちの、会話のテンポの速さが好き。

シリーズものなのですぐに続きを読みたくなる。

表現の自由について、図書館員の熱い奮闘を描きつつラブコメ要素もありと読みごたえのある本です!
シリーズ一気読みする程はまります!!

有川さんの作品にはまった最初の一冊

友達に貸しつけられてなんとなく読んだら、とんでもなくおもしろかった!
本を読む自由を守るために戦うこと。本当にこんな世界になったら困る。

なにより、有川浩はラブ要素がすごい。
厳しくて不器用な年上男とまっすぐでこれまた不器用な女の子の組み合わせ好きよね。わたしも好きよ♡

こんな恋がしたいなあと思わせてくれる、少女漫画のような胸きゅんがあって読んでいてとても楽しいです。
表現の自由とはどういうことなのか、差別用語の基準がどこにあるのか、色々なことに考えさせられるシリーズでもありました

続きが気になって少しの時間にも読みたくなるシリーズです。現実には無いけどあってもおかしくはない、そんなハラハラ感と対照的な恋愛描写が好きです。また、あまり頭の良い設定ではない郁が作品の中で使う言葉が、知性を感じるものが多くて、やはりそれは小さい頃から本に親しんで来たからなのかなぁと勝手に想像していました。全キャラクターの視点から物語が書けそうな位それぞれの描写が細かくて、だからこそ、戦闘や検閲の模様の中に、読者をときめかせる恋愛要素を織り交ぜても違和感無く読めるのかな、なんて個人的に思って読んでいました。

読者

30eff455 4b8d 46ea a6a1 17a6640c54cd9c19fa1b 8fc8 4081 9b4c 1548b52facaaIcon user placeholderFc3d5934 9c3d 44e1 9415 ffe44b1ad953Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09942d620a 76e2 480c 8c6a eef346e8f22846da03c0 292d 4d30 bcab ef72e7307ed6726feabe f74a 4ba5 ba4e 571ef37c1012 156人

有川浩の本

旅猫リポート

旅猫リポート

5b870c08 c1e6 460e bb52 131ec3384664

chou

本と絵と旅行大好き

犬派なのだけど、新幹線ホームでたまたま購入。 途中からは結末が想像できるし、驚くような展開はないけれど、ホッと心温まる作品。 にゃんこのナナの語り口が、生意気で、でもご主人への愛にあふれてて、かわいい。 家に帰って、うちのワンコをギュッと抱きしめちゃいました。

1年前

Icon user placeholder184f0dd6 0aa3 4da5 8d62 c708d148d8cb92c8cc90 799b 4c98 bbe9 a4e8f15cf559 56