519vyzc0bxl

わたしは末っ子だった 「トゥワープ」という言葉をご存じだろうか 小説を書くときの注意 ここで、ちょっとしたお知らせを さあ、そろそろ楽しい話をしよう わた...
続き

コメント

初めてヴォネガットの本を読みました。面白い。みんなが見て見ぬふりをしていることを、ぐさりと描き出したり、クスッと笑えたり。

その他のコメント

自分と向き合いたいときに。
これも何年かに一回読んでる手放せない本

爆笑問題太田光がこの本が好きだと言っていた。そうだと思ってたよ。だから太田が好きだ。

読者

C555e0cb 50f1 4d7b 83d8 f2ff66b6769c014253d4 6080 4951 9119 24735184a6962a7b10e5 10ef 4150 b84e c37652fb59dd3e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2bBa360e84 4dbf 414c 8b57 3219b8882d49C0f655d8 2708 4387 8151 aef6b5d7e7466cde5030 1f83 4d0a b449 b0674b1c506a6bcc80d6 103b 4757 8705 6b5c52e76b7b 20人

カート・ヴォネガットの本

はい、チーズ

はい、チーズ

F4b211ea 0963 4178 92fe b51b494e5186

しろいはなび

【2017.05.01~から記録…

「耳の中の親友」-心の内なる声と会話をすることができる補聴器型の新製品「コンファイドー」を作った男は一攫千金の夢を見る… 「FUBAR」-重病の母親の医療費を稼ぐために閑職をやめられず、拗ねたように生きていたファズの元にある日、美人の新入社員が部下として配属されて… 「エド・ルーピーの会員制クラブ」-結婚式記念日に予約したレストランで街の有力者と喧嘩になり、殺人犯の罪を着せられ収監されてしまう夫婦の一夜の物語… などの短編が14編収録されている。去年、カート・ヴォネガットの、スローターハウス5、猫のゆりかご、タイタンの妖女(これは訳が合わなくて挫折…)などを読んで、普通ではない物語構成とアンチクライマックス的な展開に驚いたけれど、この短編集は、どれもちょっと不思議なアイディアと、技巧的なストーリーテリングに、素直にわくわくさせられる感じでどれも上手い。 喩えるなら、奇怪な絵を描くピカソのデッサンは驚くほど上手い、というあの逸話のよう。 どの短編も満足感があるし、なにしろ彼の引き出しの多さに驚かされた。

約2か月前

2d8198c1 1600 48f1 87c7 bdb334078bf76fb3c6f1 44e2 48b2 89fd 0e4ddc1ea1d765ca2451 a67f 49f4 a312 77de792d6c1e 30
国のない男

国のない男

E4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4

avocado901

読むのは主に翻訳小説だけど、本棚…

メキシコ旅行のお供のうちの1冊。トランプという人がアメリカ大統領になった今、この国を旅しながら読むと、ヴォネガットのアメリカ批判がいっそう刺さりました。

約1年前

11dd7d62 59be 4500 ad10 689b0e73e157F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad1137bc3cb67 009f 4284 be7e 41b874c0e360 13
はい、チーズ

はい、チーズ

931bc4b3 9cb5 48bb bed7 5c071e9c434a

スエヒロケイスケ

劇作家らしき仕事してるが物書きら…

実は初ヴォガネットですが、それがこの未発表短編集でよかったのかどうか。最寄りの図書館にはこれしかなかったから。取り寄せ予約で他の有名なやつを読みたい。これはこれで、切れ味が、また。

1年前

42caa8a2 9df5 4e10 8400 3ef147c93a3e38e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b1823470fe9fb 70e0 4f4c a7ec 4115ac19979f 8