41pdbncdnal

今の僕という存在に何らかの意味を見いだそうとするなら、僕は力の及ぶかぎりその作業を続けていかなくてはならないだろう-たぶん。「ジャズを流す上品なバー」を経... 続き

コメント

その他のコメント

10年ぶりくらいに読み返した
凄い駄目な男じゃんって事に、10年たって気づいた

読者

Bbdebe8c d07c 4d28 abdd e826dff3047e7a2cea3a 0bbc 4db6 b43f 803eeb689b12412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f4931bc4b3 9cb5 48bb bed7 5c071e9c434a865bb3c3 e7cc 4d2e 9552 ba5137b5dc0e2b0f55be 9aeb 4c07 b382 4b5f0163087011c10f8e ce5b 41f8 a001 c52029854ce85cae61a8 b4f4 4bfc 9274 7fcfbfc38dbc 30人

村上春樹の本

61kixwxnpll
Ac6031c8 0f43 44fc a7e4 44e4cfaed527

szm

Szm

装丁のカラー写真も豊富に、著者の翻訳仕事がざっと展望できる。 柴田元幸との対談も充実。二人の翻訳の姿勢の違いが面白い。この二人が話すと翻訳というのがどういうことなのか分かりやすい。 別に春樹ファンでなくとも関係なく読める。 翻訳スキルを高めたい人はもちろん、翻訳をよく知らない人にも面白いのでは。 硬くなく読みやすい。

3日前

00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f92008634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c23e0380d 9551 45a0 b173 7db3903d7fa0