61rt4q %2bfgl

気運が来るまで気長く待ちつつ準備する者が智者。気運が来るや、それをつかんでひと息に駆けあがる者が英雄。-それが庄九郎の信念であった。そして庄九郎こそ、智者... 続き

コメント

大河ドラマで明智光秀やるってんで、光秀について知りたくなって手に取った。
光秀につながる斎藤道三の物語。
光秀も、ちょこっと出てくる。
司馬遼太郎にしては余談が少なくて、テンポよく読める。
斎藤道三は、クーデターの人、って、一言で言うとそういう印象を持った。
光秀の本能寺の変は、特別な悪事だと思っていた印象が改まった。この時代によくあったクーデターの1つなんだな、って思った。

その他のコメント

楽しい。もっと読みたいのに斎藤道三編が終わってしまいました。

庄九郎が美濃をとるまで。
学生の頃、歴史めちゃめちゃ苦手だったけど、こういう物語から入る方が良かったんだろうな。

読者

D32eefcb a126 43e3 b450 a012ae37d833A91cde78 7eb0 4b92 9753 32f604937345B07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947Icon user placeholder511e1072 6d4e 438a 8239 4b34609ae3db4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da9094f42c677 2f1f 4b12 88d4 1be0475bf81d11afb8da 1bf6 4272 bc30 39ed2c854032 9人

司馬遼太郎の本

歳月

歳月

5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b

土川 正夫

よろしくお願いします。

一連の新書を読んだので、久しぶりに書棚から出してみました。新書と反し司馬さんも西郷の征韓論者として描いています。

3か月前