51 ia6av8el

肥満、アレルギー、コメ、ジャガイモ―― みんな微生物が作り出していた! 植物の根と、人の内臓は、豊かな微生物生態圏の中で、 同じ働き方をしている。 続き

コメント

腸内環境の仕組みがかなりわかりやすい。土壌と腸内がフラクタルになっていて、糖をどのように利用しているかわかった。
糖は微生物や細菌にとって必要で、闇雲な糖質制限で糖質=悪という説を強調するものではない。
正しい糖質の取り方がわかりやすく解説されているのも素晴らしい。

その他のコメント

微生物は人間にとって排除すべき大敵という偏った視点を明確に変えてくれる。著者の一人は土の流出が文明にどれほどの影響を与えたのかを説く『土の文明史』を書いた地質学者(日本版の版元はどちらも同じ)。もう一人はその妻である生物学者。この夫妻の裏庭で起きる土壌の変化から植物と微生物の共生関係、そして人間、わけても日本語版のタイトルのように内臓と微生物群(マイクロバイオーム)の関係が最近の研究とともに紹介される。昔は野菜の味が濃かったとか、アレルギーが少なかったなどという話をよく聞くけれど、それは微生物との関係の変化が影響しているという知見を一つ一つ議論を積み重ねながら明らかにしている。微生物は食糧問題というグローバルでマクロな問題から、個々人の健康を司る免疫システムやお腹の具合にいたるミクロな地点にいたるまで、極論すれば全ての生物と幅広く関わっていることには改めて驚かされる。
マメ科植物と根粒菌の共生関係くらいは知ってたけども、多くの植物が根から滲出液を出して必要な微生物を呼び込み見返りを受けてるとかワクワクする話。そして同じように大腸も粘液で微生物を養い、そこから利益を受けているらしいという。
マクロビとかあの手のものは宗教やオカルトに容易に傾きがちだけれども(EMなんかもその一つだ)、きちんとしたエビデンスや「まともな」研究に基づいて書かれた本書はそうした疑似科学の信奉者にこそ読んでもらいたい。まあ読んでも変わんないか。

読者

9c8fb263 ada0 460c ab02 e8ce70259afd768082c9 bf41 4bb6 b09a 35519c7ca82eF51e8a3c db1f 4b15 ad1f b2f3f60e21d440deeedb c1a3 44e2 8f16 b81c4d19201f0e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39cIcon user placeholderC41310b7 7eb9 4163 9f68 600d4b0e2541Icon user placeholder 23人

ノンフィクション

真説・佐山サトル タイガーマスクと呼ばれた男

真説・佐山サトル タイガーマスクと呼ばれた男

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

タイガーマスクとして一世を風靡したプロレスラーであり現在のMMA(総合格闘技)の礎を築いた佐山聡。系統的に言えば自分は佐山先生の孫弟子になるのだが、プロレス引退から総合格闘技「修斗」創設その「修斗」との決別に至る経緯は不明な点も数多くあるだけにその時代に多くを割いた本書は「いま、ここ」を知るにあたって貴重な一冊となった。 佐山聡に強く感じるその悲劇性とは ①プロレスラーとして天才であった ②総合格闘技を競技化しようとしたが天才由に時代の先を行き過ぎ理解されなかった ③そのコンセプトだけを換骨奪胎した疑似格闘技が登場 し社会現象までなってしまった ④発明者であったが経営者でなかった。 総合格闘技が全くない状態から競技化を推し進め一から作り出した、先人の努力にはここからの敬意を表する。オープンフィンガーグローブの特許を取っていれば今頃は・・・、修斗との決別にここまで触れたというか可視化されたのは初めてでは?もちろん真相は藪の中というか羅生門なのだが。 「第15章 修斗との決別」忘れたい過去であってもしっかり向き合う中井祐樹先生の「ぼくらはもう限界みたいな感じでした。全てを変えなきゃいけない時期に来ていた。新しい時代に行かなきゃいけないと思っていた。あのときぼくは若気の至りだったのですが、(佐山を)外すべきだと頑なになっていました。今でもとんでもないことをしたと思っています。だけど後悔はしていない。あのときはそうすべきだと考えていたからです。 ただ自分は先生を外すことに賛成した。それは言い続けなくてはならないと思っています」p.483 という覚悟にグッと来た。こうあるべき大人の姿勢を見習わねばと思うと同時に「いま、ここ」と立ち位置を確認した。

約20時間前