Btn appstore Btn googleplay
61qa0cg08ql

ラスト数瞬に茫然、愕然、絶叫! 現代人は無事、土に還れたのだろうか――。青葉アルコールと青葉アルデヒド、テルペン系化合物の混じった稲の匂いで鼻腔が膨らむ。... 続き

コメント

上谷伊佐夫72歳の思索というか脳内皮質に浮かぶあれこれを上空三メートルから体験するココひと月の通勤読書時間。なぜか癖になる。ここでも過去に生きるのは男ばかりか。

読者

Picture

高村薫の本

レディ・ジョーカー〈上〉

レディ・ジョーカー〈上〉

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

物語の舞台となるのは「年内にも入ってくるウインドウズ95という新しいOSを導入した」p.307重要な役割を果たすのは公衆電話だが携帯電話も使用されており、電子メールの導入も始まったばかりの平成前期、「ほぼ百年にわたって市場を独占してきた日之出ラガーの沈下が始まったとき、ビール事業本部が直面した苦境も並大抵ではなかったが そのとき直面した課題も、シェア奪回であり、新しいヒット商品の開発であり、企業体質の変革であり、強いられた対処や努力はすべて、未来を向いていたのだ。」p.68 そして25年が経過した現在、未来はいまだ開けるどころか悪化の一途をたどり まさにノーフューチャーなのだった。 久しぶりの再読ということもあり、読むたびにグッとくるポイントは変わるけど今回は 事件発生を受けて動き出す新聞社のこの場面 「『誘拐だ。日之出ビールの社長がやられた…!』 その一声はあまり大きな声ではなかったが、千三百平方メートルのフロアの隅々へ一瞬のうちに届きそこかしこで一秒か二秒、時間が止まったかのようだった。 続いて、『日之出ビールの社長が誘拐された!日之出の社長!誘拐!』という高野サブデスクの絶叫が轟いた。その叫びの終わりの方は一斉に噴き出したざわめきと立ち上がる記者たちの動かした椅子の音、社会部めがけて駆け寄ってくる靴音などにかき消された。』」p.224 静から動へのリズム感が唸る! グリコ森永事件がモデルだけど赤報隊事件も下敷きとなっているのかとも今回考えた。

18日前

8d68ef74 41b3 4e17 9a09 35c880c010d69b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d1074c994 b074 4764 88ce 92cee415aa0a
照柿(下)

照柿(下)

3ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3a

ilorina

40歳デザイナー

再再再読くらい。何回読んでもこの頃の高村薫は神がかっている。言葉を紡いで表現することのへの強い意志はもはや執念にすら感じられる。ストーリーも秀逸だがそれも霞むほどの表現への直向きさは一体どこからくるのだろうか。

2か月前

147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092eAbc154e0 3994 4f0d 9d52 84a14e43a597476099a1 f23a 4100 bbac e4588450ecf2
我らが少女A

我らが少女A

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

本作には合田雄一郎も登場するのだがあくまで物語の一部に過ぎない。少女Aこと朱美の母亜沙子の網膜に映る武蔵野はそのまま彼女の心情風景と重なる「線路沿いの、人けのない生活道路を無心に歩く。ふだん気に留めたこともない車返線の門型鉄塔をまじまじと眺め、ところどころ残された畑地の白菜や大根を眺め、地平線に横たわる武蔵野の雑木林の黒々とした帯を眺める。ブォーンという低い唸りが聞こえて空を仰ぐと、手を伸ばせば届きそうな高さを白と青のツートンカラーの小型機が横切っていく。目を細めてそれを見送り、亜沙子はふと、三十年近くも棲んでいる武蔵野の風景に自分と娘は含まれていないのを感じる。」P.47 調布飛行場を離陸する小型飛行機も本作では小気味良いアクセントとなっている。そして雄一郎が登場してから25年ほど過ぎた今「少し早いけど、Merry Christmas!」P.512に驚くとともにまだまだ世の中棄てたもんじゃないという希望も沸く。25年の歳月は人も変えていく。

9か月前

9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d1d65c4c2 df5e 4182 a2c6 ab2f3f8f31b8Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f
土の記(上)

土の記(上)

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

奈良県宇陀市西山岳にある集落に住む上谷伊佐夫72歳は妻を亡くしたばかりの婿養子。12年前にシャープを定年退職してからは妻の看護をしながら上谷家の土地を守り農作業の日々。そんな凪のような日常だが自身の老いや衰え始めた大脳にフラッシュバックするのは妻のかつての不貞行為らしきものなど堂々巡りの思考。本作が不思議なのは老化の進行具合や鼻粘膜で感じる山間部の湿度など読み進めていくうちに上谷伊佐夫自身になってくる感覚か、否伊佐夫自身というより2メートルほど浮き上がった視点からの追体験というほうがしっくりくる。

約3年前