51yxtp20%2bal

土は微生物と植物の根が耕していた―― 文明の象徴である犂やトラクターを手放し、微生物とともに世界を耕す、 土の健康と新しい農業をめぐる物語。 足元の土... 続き

コメント

植物成長に必要な元素の発見が19世紀、それを人工的に供給する窒素肥料の実用化が20世紀初頭、それ以後、農作物は科学的に生育が制御できるようになり、収量も飛躍的に増加した。これがいわゆる緑の革命だそうだ。しかし、この革命で最も成功した、単一品種の大量生産は、大量の施肥や農薬使用により支えられてきたために、河川や海水への窒素やリンの流出(による富栄養化)や耐性を持つ害虫、雑草の蔓延といった負の面も多く作り出してきた。また、毎年施肥や農薬が大量に必要になるためにコストもかさむ。さらに伝統的な棃による耕起農法も、肥沃な表土を流出させ、アメリカのダストボウルのような人災を引き起こした。
ではこうした状況は変えられないのか。変えられる方法はある、と力強く宣言するのがこの本の著者だ。
耕さない、被覆作物で土を覆う、そして適切な輪作を行うことで、土壌内の有機物を増やすこと、つまり肥沃な良い土を作り、それを失わないことによって。
本書はある意味ではマニフェストではある。こうしたマニフェストは往々にしてトンデモ本と化すが、豊富な実例と科学的裏付けによって信頼性は高い。人新世の深い傷をどれだけ癒すことができるのかはわからないけれど。

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c1a752b5d 37d6 4b20 9e65 97c7054e62c7Icon user placeholder821e5a20 19ab 4ec7 a4b3 167e80d468c4D02e35f6 3567 46e3 94d3 facc86d7862479887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a74638bd4c 544a 4f86 a44d a78884bf205fIcon user placeholder 11人

デイビッド・モントゴメリーの本

土と内臓

土と内臓

0394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e

fuku

設計事務所勤務ゴミリーマン/元ク…

微生物は人間にとって排除すべき大敵という偏った視点を明確に変えてくれる。著者の一人は土の流出が文明にどれほどの影響を与えたのかを説く『土の文明史』を書いた地質学者(日本版の版元はどちらも同じ)。もう一人はその妻である生物学者。この夫妻の裏庭で起きる土壌の変化から植物と微生物の共生関係、そして人間、わけても日本語版のタイトルのように内臓と微生物群(マイクロバイオーム)の関係が最近の研究とともに紹介される。昔は野菜の味が濃かったとか、アレルギーが少なかったなどという話をよく聞くけれど、それは微生物との関係の変化が影響しているという知見を一つ一つ議論を積み重ねながら明らかにしている。微生物は食糧問題というグローバルでマクロな問題から、個々人の健康を司る免疫システムやお腹の具合にいたるミクロな地点にいたるまで、極論すれば全ての生物と幅広く関わっていることには改めて驚かされる。 マメ科植物と根粒菌の共生関係くらいは知ってたけども、多くの植物が根から滲出液を出して必要な微生物を呼び込み見返りを受けてるとかワクワクする話。そして同じように大腸も粘液で微生物を養い、そこから利益を受けているらしいという。 マクロビとかあの手のものは宗教やオカルトに容易に傾きがちだけれども(EMなんかもその一つだ)、きちんとしたエビデンスや「まともな」研究に基づいて書かれた本書はそうした疑似科学の信奉者にこそ読んでもらいたい。まあ読んでも変わんないか。

約1年前

0e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39cD647ef7e 0603 4e4d 826b eb5c2aa928df9c8fb263 ada0 460c ab02 e8ce70259afd 24