61dxuck8ldl

アメリカ南部の農園で、苦しい生活を送る奴隷の少女コーラ。あるとき、仲間の少年に誘われて、意を決して逃亡を試みる。地下をひそかに走る鉄道に乗り、ひとに助けら... 続き

コメント

何度も挫折しかけて1ヶ月、後半安心しかけたらまた…揺さぶられた。黒人奴隷といえば大昔「ルーツ」で衝撃受けたのは忘れられないけど、それ以来の、さらに創作、小説の力を突きつけられた読書体験

その他のコメント

ピュリッツァー賞、全米図書賞受賞作その他有名な文学賞を続々受賞してるということで手に取ってみた。なんというかな…これほど悲惨でヘヴィな物語をこれほど楽しく読んだのは初めてかも。物語そのものは極めてシンプルで、苛烈な農場から逃げた黒人奴隷の少女と彼女を追いかける逃亡奴隷狩り人の話。作家の想像力が凄いのはその昔、奴隷制の南部から北部に奴隷を逃す組織が呼ばれた「地下鉄道」という名称をほんとうに地下に蒸気機関車が走る逃亡ルートがあったかのように描いているところ。後書きにもあるがSF的でもありミルハウザーの幻想的な作風のようでもある。地下の鉄道を通じ主人公がいくつかの街を転々と逃げながら出逢う人々や事件が奴隷制の残酷さをこれでもかと語ってくる。ほんとにここまで苛烈だったのかは分からないけども。こういう作品が高く評価されるうちはトランプのアメリカと言えどもまだ大丈夫、という気もした。確かに凄い作品だ。

読者

Af23a43c de7a 4b77 a911 0b5446efba2f08e28c20 6b2b 418b be61 cedca12c562202bc427b e16a 4e9f 9d83 03afe23c1733D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f98695faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6cIcon user placeholderA432e0fd 517b 4039 a0a9 b1b5d5edcfd15d0723ed 579b 4b5f 9f48 3ff778db1854 14人

文芸

……なんでそんな、ばかなこと聞くの?

……なんでそんな、ばかなこと聞くの?

F278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e1

chisato

旅好き

まず、この時期に読めてよかったなぁと思いました。高校生のひと夏の恋のお話ですが、お盆の時期に読めたのってかなりタイムリーだなと思いました。 主人公はとっても鈍い男子高校生。物語は彼が生き返るところから始まります。そんな彼のそばで大人しくもずっとそばにいいて支える幼馴染のちょっと変わった女の子との恋物語です。 主人公同様、私もかなり鈍いらしく、ラストがどうなるのかずっと切なくなりながら読んでました笑 「…なんでそんな、ばかなこと聞くの?」女子高校生に表紙の顔で言われたらキュンとしちゃうよね笑

約3時間前

43cd3d8b 7503 417f 9845 58079e08ca0347a47c3b dbcf 4bb6 aed3 3dba46730aea19827526 a639 4044 9981 d86c526cb750
なんくるない

なんくるない

9bdb99ea adbf 4491 80ec eb69f4ea8bf8

幾望

3匹の猫のお母さん。

沖縄に行きたくなる。 観光したり、アクティビティを楽しむのではない。 ひとりで行きたい。 散歩したり、海を眺めたり、小説に出てくるような小料理屋さんでご飯したり。 沖縄独特の時間の流れの中で、そこにある光、風、植物、動物、人から発せられる力を感じて、いつもの生活に戻れなくなりそうだけど。 この小説を読むと、それもよしと思う。

約8時間前

Icon user placeholder9ed768a6 3eb3 4ae2 95e3 046a998e663582d317db 536e 490a 9a61 5a2a13affd1c
ライオンの棲む街 ~平塚おんな探偵の事件簿1~

ライオンの棲む街 ~平塚おんな探偵の事件簿1~

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

シリーズ1作目 実家に戻った川島美伽の元に突然高校時代の友人、生野エルザからファックスが届く 「暇ならウチの仕事を手伝え。とにかく一ペン顔見せろ」 これがキッカケで エルザのやっている私立探偵事務所を手伝うこととなった美伽 ライオンとあだ名されるエルザの猛獣使いの役目を担いながら 慣れない探偵助手を始めたが意外と上手くいってる2人 こんな2人がやっている探偵事務所はなんだか楽しそうで 羨ましい ちょっとやってみたくなります

約11時間前