Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
21js9925cel

コメント

宇宙を旅した人たちの言葉と地球の美しい写真の数々。自分の身体を離れて、遠く遠く、宇宙から地球を眺めているような気分になる。自分の悩みなんて、本当にちっぽけだ。細かなことに気を病むのが馬鹿らしくなる。
今はみんな視野が狭すぎる。だから息苦しくなるのではないか。
宇宙からの視点をみんなが常に持つことが出来たら、もっと自由に、もっと平和に、もっと今生きているとゆう奇跡を強く感じることが出来るのではないだろうか。

その他のコメント

刊行年は1988年、まだソ連という国があった時代。「宇宙から眺めた地球には、国境の傷跡はどこにも見当たらなかった」というシリアの宇宙飛行士の言葉が忘れられません。

読者

2a424aa4 a0ed 4638 9c9a da9203ffa4edE4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4

新刊

61gzf0leugl

榮国物語 春華とりかえ抄 一石月下

47447c07 c188 4a46 a700 79a4bc3d1a55

らいこ

ファンタジーハッピーエンドが大好…

姉弟の立場取り替えもの。 とりかえばや物語の昔から、このシチュエーションは大好きで、手に取ったところ。やっぱり「これはどうするんだろう?」という難問をいかに上手に乗り越えるか、と「好きな人ができました」「好かれちゃいました」な状況の回避が読みどころでしょう。機転がきいて無理がなく、この主人公たちならいけそう、というラインをうまくついてくれました。 次の巻あたりで、惚れたはれたが明確になるのでしょうか。楽しみです。

1日前

51 xy4lpysl

横濱エトランゼ 大崎梢

Ad47faf1 f79d 468f 9bd2 444ce25056fe

リトル

小説も漫画も絵本も読みます

5つの話からなる連作短編集 謎を解く鍵は 昔の横浜を知ること オシャレな建物があるイメージを持っていたので 過去にあった場所とかも 今見れたらよかったのにとちょっと残念

1日前

41aalqwggol

ルビンの壺が割れた 宿野かほる

Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a

mame3

Books

フェイスブックのメッセンジャーを使って交わされる感情を抑えたオトナのやり取り。かつての恋人同士が当時を振り返りながら、その時話せなかったことを綴ります。互いの体調を気遣い、パソコンを使うようになるなんて意外!なんて、たわいのない話もありながら、そこはかとなく漂う不穏な空気。 最後のページをめくると、そこには一行だけ文章が。そしてそれを読んだとたん、「うぎゃあぁぁぁ」と叫んでしまう。叫ばずにはいられない。 友人に本を貸す時は、最後のページをテープで留めてからにしました。 今年一番の衝撃でした。

1日前

B44aa51f 69a7 4b9f af81 d27506108d95A7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b575fce1051 d9ef 43ba bc7e 691331d5ce3f