Btn appstore Btn googleplay
51kezthxepl

留学中に故郷の島国が消滅してしまった女性Hirukoは、ヨーロッパ大陸で生き抜くため、独自の言語〈パンスカ〉をつくり出した。Hirukoはテレビ番組に出演... 続き

コメント

私はある人がどの国の出身かということはできれば全く考えたくない。国にこだわるなんて自分に自信のない人がすることだと思っていた。でも考えまいとすればするほど、誰がどこの国の人かということばかり考えてしまう。「どこどこから来ました」という過去。ある国で初等教育を受けたという過去。植民地という過去。人に名前を訊くのはこれから友達になる未来のためであるはずなのに、相手の過去を知ろうとして名前を訊く私は本当にどうかしている。(p.91-92)

その他のコメント

しりとり読書8冊目。『グラフィックデザインの入口』からの「ち」ではじまる本。

日本からはなれてドイツで創作を続けている著者。言葉と言語について真摯に向き合った結晶のような小説。言語は文字通り誰かと出会って会得できるのだと、この物語は教えてくれる。

「消えてしまった」国の言語を母国語とするHirukoと、言語学を専攻するクヌート。Hirukoの母国語の話者を探してたどり着いた「ウマミ・フェスティバル」を主催(しようと)するノラとTenzo。Hirukoは様々な言語の音を拾い集めて練り上げた単語を用いた、パンスカという独自の話法を使ってクヌートたちと会話をする。
「消えてしまった」言語の話者を求めて、Hirukoたちは旅を続ける。

人と人とが分かり合うこととはどういうことなのかを読みながら何度も考えた。同じ言語を話していても分かり合えないこともたくさんあるけれど、同じ言語を用いているから分かり合えることもある。
自分が伝えられる言葉でたくさん想いを伝えていきたいと思った。

装菓=彗星菓子手製所
装幀=佐々木暁

次は「て」からはじまる本。

20180902
週刊ポスト20180615
鴻巣友季子
1700

読者

Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9bB07485af ffd3 41ef a0a6 d123026c9679Icon user placeholderA10abdb8 2d0d 4f3a 8906 03e246c19af3C17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f886e9ef3c4 7866 4d4c b8de 60ba84299a30363c0c18 9999 40b6 b4ba 29f8bf500bf9F4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c 12人

多和田葉子の本

百年の散歩

百年の散歩

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

ベルリンには通りの名前が九千以上もあるらしい。カント通り、ローザ・ルクセンブルク通り他、ルター、プーシキン、ワーグナー、マヤコフスキーなど。 異邦人のわたしは、待ち合わせのためにベルリン市街を歩き回るたびに遭遇する幻想的で夢想的な情景。待ち人に出会うのは百年後か。最近の本はカバーのデザインがとても良いが、この文庫も素敵なカバーだ。

5か月前

705c78b4 4a98 453c bb64 cabc3dacd17dC757413e 3a9e 4e1f 9f9a 8b510546cc8f0a943c0e fdf8 4c9c baf7 8a10dca25c21 14
シュタイネ

シュタイネ

A10abdb8 2d0d 4f3a 8906 03e246c19af3

そらもよう

どっぷり読書中

詩集。既成概念を砕き感覚に訴えかけてくる。 自由が切実

約1年前

暗黒グリム童話集

暗黒グリム童話集

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

童話といいながら さすがに子供には読ませられない内容でした 暗黒って言ってますもんねぇ

2年前

3ef4c210 ea7e 4333 990e e66b1e6fbb8f55cdf1f4 ce41 4df5 8360 6fdfc3dc27672466d3b9 e241 4340 b2bf e3c6ca94e223 8
百年の散歩

百年の散歩

C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b

Eiji Kobayashi

こヴィ。編集者・ライター

偉人の名を冠したさまざまな通りを歩きながら、目に入るものを観察し、人々の会話に耳を傾け、「奇異茶店」で休み、物語を妄想し、物語を折りたたまれた時間/空間の層にまぎれ込んで、ベルリンという都市の百年を彷徨う私。「あの人」を待ちながら。

約3年前

6ee099c2 876b 42c6 a86e a50b5b0d369b70f8d1b1 93f2 4b1d 9860 90f919c5ac48A04f9974 e38b 41a9 8995 7d08d78ed228