51xdfkxkzul

なにがあってもいきのびること。恋人と誓った魔法少女は、世界 = 人間工場と対峙する。地球では「恋愛」がどんなに素晴らしいか、若い女はセックスをしてその末に... 続き

コメント

狂っているのは世界か、私たちか。

主人公、笹本奈月の幼少期から始まる物語。"コンビニ人間"で一躍有名になった村田沙耶香が描く新作は、コンビニよりもずっと重くて暗かった。紹介文だけ読むと何やら恋愛モノのように見えるけど、そんな甘っちょろいもんじゃない。

読了後、「あぁ、良かった。これはフィクションだ」と思った。
温かいストーリーや心踊るファンタジーを読んだ後は、その物語の終焉にどことなく寂しさを感じるけれど、この作品を読んだあと、私は自分の世界を確かめて安堵していた。

それがおかしいことなのか、否か。暫く心がざわついて、錯乱するくらいには引き込まれる作品だった。

本当にこんな世界があるのかなと気持ち悪くも良くも思う異世界の密なところを覗いてる気分でした
止まることなく読み終えてしまう
きっと、一度閉じたらもう開かないかもしれないくらいの世界観でした

一気に読めた。どちらかと言えば自分も宇宙人よりの人間かも。所謂社会通念を皮肉った内容だが、かなり本質を突いてる気がする。たしかに洗脳されてる地球星人だらけな気がする。捉え方が面白い。

奈月の持つ世界感は苦悩する少女の持つSF的空間だけれども、なんだか納得する世界だ。
確かにそうかもしれないと思わせる。
読み進めるほどに、境界線がだんだん緩んでいってしまう。
一気読みだ。
地球人じゃなくて地球星人なんだと改めて認識して、自分の固定観念も認識。

◎ 恋愛は人間が繁殖するためのシステム

読者

D612ffdc 6980 4f04 a495 dd766c914c6a5e8ad747 0dcc 4283 86d7 44328891f5b7Abb94028 9212 4607 aea4 ad17dfdbc81eIcon user placeholder49dfdfa3 8161 47bc ad0b 34d7ed8964ee3221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362e84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690D475a477 8578 4ee3 863b 5a9db0011a7d 98人

村田沙耶香の本

ラヴレターズ

ラヴレターズ

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

西川美和さんの恋文にジンときて、壇蜜さんにはゾクッとさせられ、松尾スズキさんに、ほほうとなった。俵万智さんも素敵。

7か月前

F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b
となりの脳世界

となりの脳世界

8a147539 d412 4499 b071 084ec14a5be6

キムチン(Yoko Okamoto)

大阪府出身

わかる、わかるが其処彼処に。年齢忘却の日々、旅行用のすごくいい袋、など。着ない服愛好会、朝酒の会、参加したい。 幼い頃の違和感や思い出を的確に言葉にできる人だなぁ。

8か月前

D475a477 8578 4ee3 863b 5a9db0011a7dIcon user placeholderB1fd3374 5115 4fbb a3d4 f51e3acf2767 9
コンビニ人間

コンビニ人間

Cf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a4176

三才

メールを送るのが仕事です。

わたしは自分をマイノリティだと思ってるけどきっと多数派なんだろうと思わされたほん

9か月前

Icon user placeholderIcon user placeholder88630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3c 262