51xdfkxkzul

なにがあってもいきのびること。恋人と誓った魔法少女は、世界 = 人間工場と対峙する。地球では「恋愛」がどんなに素晴らしいか、若い女はセックスをしてその末に... 続き

コメント

一気に読めた。どちらかと言えば自分も宇宙人よりの人間かも。所謂社会通念を皮肉った内容だが、かなり本質を突いてる気がする。たしかに洗脳されてる地球星人だらけな気がする。捉え方が面白い。

その他のコメント

奈月の持つ世界感は苦悩する少女の持つSF的空間だけれども、なんだか納得する世界だ。
確かにそうかもしれないと思わせる。
読み進めるほどに、境界線がだんだん緩んでいってしまう。
一気読みだ。
地球人じゃなくて地球星人なんだと改めて認識して、自分の固定観念も認識。

読者

9eea5c60 6f85 4347 b3b8 41dfdc053214A70633c2 a17a 40b3 8852 0e0ce086457287d1bcf9 eefe 4283 9a1e 90ec83d66ee179771dec f28b 4932 9b66 3859125890b45aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5be00951b95 1591 4009 b362 e29c67a25e83Cb6e3744 0c7c 4750 9703 1928255b25ea6c203172 9338 4f25 8b69 7e892d67b668 33人

村田沙耶香の本

タダイマトビラ

タダイマトビラ

7c37bb70 d567 446b 973a 7f9c62c1a8ef

いさ

♡をまーるく。

☆4 子供だから愛せるわけではないし、親だから愛せるわけでもない。それでも、私たちは「家族だから」愛してる愛されてる、って思いたくなる。 村田さんの作品は型に嵌った枠を壊しちゃうことで物事の本質を剥き出しにしちゃうのが恐ろしい。今作もとってもクレイジー。

1年前

マウス

マウス

B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca

あなご

教育と心理の仕事。1987生

読んでいて小学校の頃のことを思い出した。いい子で臆病者の主人公よりは、別に人からどう思われてもどうでもいいと思って浮いている瀬里奈の方に共感できた。瀬里奈が「くるみ割り人形」という物語を得て変身するところが好きだ。自分も物語を得て演じて生きてきたし今もそうして人前で生きてる気がする。一人の時と、心許した相手の前だけでは演じずにいられる。大嫌いと言える相手が一番大切。

1年前

Icon user placeholderIcon user placeholder2e09f365 42dc 471b b4a6 ad9c7a0568fc 9