510njkfsddl

明治維新をとげ、近代国家の仲間入りをした日本は、息せき切って先進国に追いつこうとしていた。この時期を生きた四国松山出身の三人の男達-日露戦争においてコサッ... 続き

コメント

こんなに、この時代の日本の戦略と戦術がしっかりしてるなんて知らなかった。

ついに坂の上の雲スタート!
期待通りのワクワク感。

まるで自分も隣で歴史のうねる瞬間に立ち会っているような感覚にとらわれました。本が大部なのと作者名に気後れしてなかなか手が出せませんでしたが、読んで良かったです。

真っ直ぐな想いがかっこいい。リズムよく読める文章が気持ちいい。これから読み進めるのが楽しみ。

近代日本の幕開けの時代の人たちが、藩や家などの様々な期待を背負った上で日本のためを思って試行錯誤しながら勉強に励む様子がありありと描かれていたので、自分も勉学に励むべきだと感じ、また日本のために1つになれた時代を羨ましくも感じました。もちろん今の時代は当時とは違いますし、日本の成長に限界を感じる今日ではありますが、もちろん戦争を肯定するわけではないにせよ、何かみんながそれに向かって1つになる、国のために努力することの良い面を照らし出した本書は現代人に取っても日本人としての何らか、を感じるこのできるよい本だと思います。

今まで日本の歴史ものってなかなか読むことがなかったのですが司馬遼太郎さんのこの作品で興味が湧いた。
この本では明治の激動の転換期にそれぞれ悩み、考え、懸命に生き抜いた男たちの話が事細かに描かれている。教科書などではあまり名の出てこない方々ですがいろんなとこでつながり重要なポジションにいる。
点と点を結ぶこのような人たちの存在が歴史をよりおもしろく、わかりやすくしてくれるのだと実感させていただいた1冊。
先が気になる。。

読者

B07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947986d3e74 9bf1 489b 8457 b72eaaf71a76C551c2ec cf20 4340 8858 5f44ff54bf19Icon user placeholderIcon user placeholderD418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda4085ec4a4f e167 402d 8adf 3d8cce16dbf6E32ffd1f 83f0 4591 bdfc 75c1e5480fe7 27人

司馬遼太郎の本

義経〈下〉

義経〈下〉

Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8

Koppepantaro

中盛無料と戦う日々、時々大盛

絶頂から鵯級の転落を経て、最期の悪へ。 作者の一貫する「残念な子」認定に納得しつつも、やっぱり先生の書く九郎義経は魅力的。落ち行くラスト、門前での暇乞いが美しい。どうしようもない馬鹿さがその所以なのか。個人的に、平知盛の不運が破格。

11日前

D4c06578 5e19 4a84 93eb 1b41497073b937eb9965 e75a 4437 a921 e26d592f43abD0673300 0bad 4bbb 996a 8ebeb30b179f
大盗禅師

大盗禅師

Icon user placeholder

Kenichi Ietsugu

司馬遼太郎さんの小説は全て読みたいが、これは途中からストーリーについて行けず断念。兵法を磨く主人公浦安仙八の夢物語

19日前

B07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947E838e091 bdb6 4601 8377 189daf22e9eb