510njkfsddl

明治維新をとげ、近代国家の仲間入りをした日本は、息せき切って先進国に追いつこうとしていた。この時期を生きた四国松山出身の三人の男達-日露戦争においてコサッ... 続き

コメント

今まで日本の歴史ものってなかなか読むことがなかったのですが司馬遼太郎さんのこの作品で興味が湧いた。
この本では明治の激動の転換期にそれぞれ悩み、考え、懸命に生き抜いた男たちの話が事細かに描かれている。教科書などではあまり名の出てこない方々ですがいろんなとこでつながり重要なポジションにいる。
点と点を結ぶこのような人たちの存在が歴史をよりおもしろく、わかりやすくしてくれるのだと実感させていただいた1冊。
先が気になる。。

その他のコメント

こんなに、この時代の日本の戦略と戦術がしっかりしてるなんて知らなかった。

ついに坂の上の雲スタート!
期待通りのワクワク感。

読者

Icon user placeholder73613d5c 0555 43d2 9ae6 8bc83ae6842992c69765 4332 4e2a a0cc 1162fd661b141c27ba40 af8e 4305 846f 3678055a5b25Icon user placeholder33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737B07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947C551c2ec cf20 4340 8858 5f44ff54bf19 32人

司馬遼太郎の本

歳月

歳月

5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b

土川 正夫

よろしくお願いします。

一連の新書を読んだので、久しぶりに書棚から出してみました。新書と反し司馬さんも西郷の征韓論者として描いています。

3か月前