51aca7h6zml

戦争が勃発した…。世界を吹き荒れる帝国主義の嵐は、維新からわずか二十数年の小国を根底からゆさぶり、日本は朝鮮をめぐって大国「清」と交戦状態に突入する。陸軍... 続き

コメント

その他のコメント

人間の頭に上下などはない。要点をつかむという能力と、不要不急のものはきりすてるという大胆さだけがもんだいだ。

2016年21冊目。日本史好きとしては最高の一冊です

読者

B07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947986d3e74 9bf1 489b 8457 b72eaaf71a76Icon user placeholderC551c2ec cf20 4340 8858 5f44ff54bf19Icon user placeholder85ec4a4f e167 402d 8adf 3d8cce16dbf6Icon user placeholder6111cd35 e9e4 4b08 b79e 2b10e62ee0c0 13人

司馬遼太郎の本

義経〈下〉

義経〈下〉

Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8

Koppepantaro

中盛無料と戦う日々、時々大盛

絶頂から鵯級の転落を経て、最期の悪へ。 作者の一貫する「残念な子」認定に納得しつつも、やっぱり先生の書く九郎義経は魅力的。落ち行くラスト、門前での暇乞いが美しい。どうしようもない馬鹿さがその所以なのか。個人的に、平知盛の不運が破格。

13日前

D4c06578 5e19 4a84 93eb 1b41497073b937eb9965 e75a 4437 a921 e26d592f43abD0673300 0bad 4bbb 996a 8ebeb30b179f
大盗禅師

大盗禅師

Icon user placeholder

Kenichi Ietsugu

司馬遼太郎さんの小説は全て読みたいが、これは途中からストーリーについて行けず断念。兵法を磨く主人公浦安仙八の夢物語

21日前

B07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947E838e091 bdb6 4601 8377 189daf22e9eb