519fm7wcvml

明治三十七年二月、日露は戦端を開いた。豊富な兵力を持つ大国に挑んだ、戦費もろくに調達できぬ小国…。少将秋山好古の属する第二軍は遼東半島に上陸した直後から、... 続き

コメント

その他のコメント

人心を統一し、敵にむかって士気をたかめ、いささかの敗北心理も持たせない、というのが、国家と国民が軍隊統率者に期待し、要求しているところの資質であり、行動である。

読者

B07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef41694785ec4a4f e167 402d 8adf 3d8cce16dbf6Icon user placeholder54b61ab2 431f 4207 86f5 192676cadd175daeda82 3a90 4784 9d43 2aaeafe6b6d8325223e9 5f3f 4d18 83fb f735ab10ca8cE838e091 bdb6 4601 8377 189daf22e9eb 7人

司馬遼太郎の本

義経〈下〉

義経〈下〉

Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8

Koppepantaro

中盛無料と戦う日々、時々大盛

絶頂から鵯級の転落を経て、最期の悪へ。 作者の一貫する「残念な子」認定に納得しつつも、やっぱり先生の書く九郎義経は魅力的。落ち行くラスト、門前での暇乞いが美しい。どうしようもない馬鹿さがその所以なのか。個人的に、平知盛の不運が破格。

11日前

D4c06578 5e19 4a84 93eb 1b41497073b937eb9965 e75a 4437 a921 e26d592f43abD0673300 0bad 4bbb 996a 8ebeb30b179f
大盗禅師

大盗禅師

Icon user placeholder

Kenichi Ietsugu

司馬遼太郎さんの小説は全て読みたいが、これは途中からストーリーについて行けず断念。兵法を磨く主人公浦安仙八の夢物語

19日前

B07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947E838e091 bdb6 4601 8377 189daf22e9eb