51hsdjscu9l

塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた-。"自衛隊三部作"の『陸』にもあたる、有川浩の原点。デビュー作に、番... 続き

コメント

一気読みしました。
大切なものを守りたいっていう一途な気持ちが、こんなに深い物語になるのですね。

その他のコメント

世界の終わりに輝く様々な形の愛。人々や街が塩と化していく災害のなか、追い詰められた人間の"生きたい"という想いが鋭く刺さる。日々の生活にたくさんの幸せを見つけられるようになる作品。

そばにいる人を大切にしないとって読み終えたあとは優しくなれる一冊!有川さんの本の中の男性は女性の理想の男性そのものです!

読者

Fa74eae5 2635 4a3a acc6 c41b51cc22d4772d668c 18b8 4220 ab4c 5dc0131bc21eIcon user placeholderIcon user placeholder8d440101 2b57 40e6 8b48 49dd1d16b04449448683 e6cb 4bea 841b 0883d9480cf933fa3ffa a8ad 4bde 91b0 a58742fb956b43817637 4803 4a4d 988f 18075934cfa8 56人

有川浩の本

ヒア・カムズ・ザ・サン

ヒア・カムズ・ザ・サン

79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd

kuwa

小学生を相手に、日々働いています…

登場人物や設定は同じなのに、ストーリー展開が違うだけで、こんなにも父親像が変わって見えることに驚かされた作品。 それに、2つ目を2つ目に持ってきたところがまたいい。逆だったらこんなにも心に残らなかったと思う。 「親は立派な人であるべきだっていうのは、子供の幻想」だから「諦めろ」のくだりは、皆が一度は通る道なのかもしれないなぁなんて読後感。

9か月前

E7245062 a26c 4832 b620 d50414471cddC2952b28 ce5f 4d28 a16a 0c9e21412e40Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e 30