51mozaoq8wl

Chapter1 001 戦国武将の「ホトトギス」ファミ通風クロスレビュー 002 戦国時代に東急ハンズがあったら 003 戦国時代に「週刊火縄銃ダイジェ...
続き

コメント

これが今一番読みたい本。
読んだらレビュー追加します。

【追記】
読了。
思ったより小さな本。文庫の一回り大きいくらい。
著者も巻頭で書いているけど、「トイレに置いておいて、たまに手にとってニヤニヤするぐらい」がちょうどいい本。
通して読むにしては、ひとつずつのクオリティが高すぎる。
個人的には『戦国時代に東急ハンズがあったら』の、ハンズのフロアマップが楽しい。じっくり読みたい。

東京ステーションギャラリー「パロディ、二重の声」展ミュージアムショップで購入。歴史と今のあるあるが組み合わさりおもしろかったです。真田丸をみて頭に入れた歴史をおさらいしました。

戦国〜江戸の出来事をLINEやヤフー知恵袋等、現代風にアレンジした本。企画自体のバカバカしさと異様な再現度の高さが相まって、楽しく読める。
特に「ジャンプの巻末コメントが徳川将軍だらけだった場合」が笑えた。

戦国時代は全然覚えられなくってかなり苦手な方でしたが、現代にたとえるとおもしろいですね。サラリーマンとか。
織田信長に未読スルーされ続ける明智光秀がツボ。

読者

252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575c493a9207 a7d3 42bc 8ba6 3f12b255ede5883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093A1303786 5caa 48f9 8dbb ccb0c69fabb9Eeef8366 14ea 4103 ae66 bf1437ef265779db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd7f36f001 795b 4428 a594 5f3a8cd6be7f 7人

新刊

こうやって、考える。

こうやって、考える。

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書など コメ…

2018/08/18読了 イラストに惹かれて読んだので、本の内容は全く知らなかったが、 著作の抜粋だったのね。 もとの本を読んでいないが、カテゴリごとに分けられていて分かりやすい。 特に5章はなるほどなと思うこと多かった。 しかし、「愛読書はつくらない」と「何度も読める本を見つける」が出てきたときはどうしたらいいのかなと思った。 出典の本もそれぞれ読んでみたい。

約5時間前

E2aebc2e b8b1 4f14 ab0e 2ddc36a68c2e68e29a9f 8219 4940 89ce 92ad42cfc13cE9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc207400 8
南の風

南の風

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書など コメ…

2018/08/18読了 獅子文六作品初めて読んだ。 他の作品も読もう。 戦前のまだ豊かな時代の話。 六郎太は最後までボンボンだなって感じ。 瑞枝も、いいんだ…。二人のやりとりは好きだったけど、コロッとあっさりいきましたね。 重助が一番大変だなあ。

約6時間前

崩れる脳を抱きしめて

崩れる脳を抱きしめて

F278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e1

chisato

旅好き

知念実希人さんの本は死神シリーズでしか読んだことがなかったのですが、あの暖かい感じが好きで今回も読んでみました。 結構大袈裟に伏線はられてるところが好きです笑 私みたいな鈍感者でもいやいやそれって。。って考えられる。巧妙な推理小説だと自分で推理することはまずできませんが、知念さんの本はそれがちょっとできる。そういうところが好きです。 今回、帯の通り最後の20ページまで真相が明かされません。でもその最後に主人公が学ぶことって、私達が生きていく上でも決して忘れてはいけないと思うんです。人の死って本当に悲しくて辛いことですが、それに寄り添う優しさをとても上手に書いている作品だと思います。

約7時間前

4c536203 10e6 47f8 805f a11471e72d76184f0dd6 0aa3 4da5 8d62 c708d148d8cbIcon user placeholder 24
カモメの日の読書 漢詩と暮らす

カモメの日の読書 漢詩と暮らす

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

さすらいのアリクイ

兵庫の山の中で暮らしています

最初本の題を見たときは内容どんなものだろうと思いましたが、少し面白そうな感じがあったので。著者は海外に住む日本の俳人。古今東西の漢詩を今の日本語に訳したり、漢詩の内容や漢詩を詠んだ人について説明したり、著者の日常のことを書いたりしています。漢詩が題材で取っ付きにくいかなと思いましたが、漢詩の訳や説明、著者のエッセイも柔らかくて面白い。そして著者は漢詩が大好きなんだろうなということが文章からにじみ出している感じがする。しかし冷静に見るとユニークな本だと思います。ちくまプリマー新書的な感じ。漢詩とエッセイ、そして色々なことへのリスペクトが詰まっている本。

約7時間前