51yxpi2h8xl

結納のため札幌に向った鉄道職員永野信夫の乗った列車が、塩狩峠の頂上にさしかかった時、突然客車が離れ、暴走し始めた。声もなく恐怖に怯える乗客。信夫は飛びつく... 続き

コメント

人がいかに生きるべきか、悩みながら生き続けた男の一生の話。登場人物の一人一人が魅力的で、どうにも読み手が止まらなかった。

椎名林檎さんが学生時代、国語の試験問題でこれ出てきて試験中やのに泣いた、というエピソードを知って手に取った。純愛の物語ですよ。

「人がその友のために命を捨てること、これより大きな愛はない」というイエスの教えを、何も君が守らなくてはいいではないかと、私は子供のころに泣きました

永久に続く、どう生きれば
いまもずっと

32歳という若さで死んだ男の物語。実話を元にしている。主人公はなぜ死んだのか?誰もが認める不朽の名作ですね。

自らの命を犠牲にして大勢の乗客の命を救った青年の、愛と信仰に貫かれた生涯を描いた物語。信じるものがある人が見る世界に触れられた気がしました。色々な意味で衝撃的。読後しばらく脱力感で動けなくなりました。

主人公、永野信夫の人間性の成長と生きることに対する真剣な葛藤を、周囲の人間との関わり、キリスト教の教えを通して学んで行く姿を描いた作品。
ただただ、誠実な人間になりたいと、この本を読み終えて思いました。
主人公の父、貞行もまた素晴らしい人格者だと思いました。
自らの生き方がすなわち遺言、僕もこんなことを普段考えて生きていこう。

読者

Icon user placeholder640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4affD828e49f ea03 402a b23d 850076d1bb3f9b18d833 ff64 4461 98e0 418d0b78ed2aEe751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113f2d1e8bcb 860c 4a49 b1d8 ea9deb2a3c9d36a42025 db7b 4ef9 bc58 f48d8104feae130557ba 7d21 4ba7 b132 d9265d99661b 34人

三浦綾子の本

母

922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d

ともちゃん

少しだけ本好き。

「蟹工船」作者の小林多喜二の母が、秋田弁で生涯を1人語りするのが まるで目の前で優しく聴かせてくれるよう〜。母って とことん子供を信じきれる唯一の存在かもね。 この作家の氷点、塩狩峠、天北原野を学生時代に読んで“人の強さ“の基盤作ったのを久しぶりに思い起こした。

15日前

氷点(下)

氷点(下)

Dbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e2

Na☆

電車に乗っている時が主な読書時間…

すごい話だった。話が最悪の結末を迎えるかと思いきや、最後に少し救いがあったのがよかった。人間の嫉妬や、言わない言えないことによる誤解、すれ違いってこわい。

1年前

B8aad435 d4c9 4448 98ae 27273aa9335e40f66a27 01a4 4b46 9365 4295a2f1660978682c2f 9ffb 465b 9f8b f571de1da41c
銃口 上下合本版

銃口 上下合本版

6ad2a32e 9d2a 416b b167 0d13bc4202da

早川洸

もっとたくさんの本を読みたいです…

好きな本を読んだり音楽を聴いたりしただけで、危険思想の持ち主として警察に捕まることがあった昭和初期の日本。そんな思想統制の時代にも屈せず、自分の信念を貫いた青年教師の姿は、今を生きる私達にきっと響くはず。

2年前