51d%2bymrqlll

デビュー作の絵本がベストセラーとなった陽子と、新聞記者の晴美は親友同士。共に幼いころ親に捨てられた過去を持つ。ある日、脅迫状とともに、陽子の息子が誘拐され…。 続き

コメント

映像化する前に読んでたから映像化は正直超ガッカリ。
湊かなえ作品で "良いな" って思った作品が正直ない。
それくらいかなえさんは素敵な作品を書かれる。
本当にすごい。
おどろおどろしい文章に毎回度肝を抜かれる。
でも、好き。
いつ、原作と同等の原作を超える影像が出来るのか、密かに期待してるけれど、やはり、私は、映像化アンチ。

読者

1593dfdc b60d 433c 9e37 cd24b8109c8f0dde66dd 7a7c 4638 8f3d 2b8df3ca3b5e6336f888 e4c0 4c88 9eb2 3a4fefb6230068905bd2 7543 4c17 9161 afb2c53ddbd22dc12b7e e93a 4eba 99ad 396fc536499c24c8818c fc21 4d95 ac91 f6c06572836eIcon user placeholderB3302881 8e87 48dc 91fb 4e7e555407bf 36人

湊かなえの本

ブロードキャスト

ブロードキャスト

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

デビュー10周年記念作品という事だが、NEW湊かなえ発見と言ったところか。王道まっしぐら青春小説だった。この青春劇に湊かなえが必要だっただろうか?

3か月前

372ee6b3 520f 4938 940f ea7f5787d9e98ba141db 1012 47f1 ae85 f0d69d58b184815ce226 c012 4ccf 826a f4183ff80f9d 19
告白

告白

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

2009年の本屋大賞受賞作品。湊かなえの代表作で映画化もされたので、知名度はかなり高そう。10年積読してた本をようやく読了。 読み始めたらあっという間で、その日のうちに読めてしまった。とにかく読みやすいのと、お話の先が気になってページを繰る手が止まらなくなる。徹夜必至本なのだった。 5人の語り手による「告白」形式の連作短編集。人の心の闇。人間が一番残虐になれるのは、正義の名の下に人を裁く時なのだということがわかる一冊。ワクワクしながら読んでる読み手も、その対象からは逃れられない。 まともな倫理観の人間が一人も居ないという、暗澹たる内容ながら、やはり復讐譚は面白い。これは読まれるのも納得。しばらくこの作家を追いかけてみようかな。

5か月前

Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b6d54c55c edef 4bf1 9dfe c111a863123dIcon user placeholder 189
ユートピア

ユートピア

454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90

march

読んだ本の記録。

立場が違えば見方も変わる、まさにそんな感じ。ゆったり不穏な空気を含んだまま物語が進んでいきます。モヤっとした終わりで....当人同士にしか真実はわからない。

6か月前

Icon user placeholderE749421d ae14 439a b62a 1f895b073eab253143cf 34a1 4879 856d 81378d299d2d 68
贖罪

贖罪

22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1

kyoko

図書館がすき。

湊かなえらしい語り調子で、読みやすかったです。

7か月前

91b8601f 9318 45fd 8c1d c46f7b11acf5E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baec5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38