51z4gdvjbrl

コメント

その他のコメント

この人の想像力と論理展開の凄い事といったら。
並大抵の論理思考じゃその発想にはついていけない。

次から次へと展開される常識的にはおかしいけれども論理的には正しい物語の数々。
そしてそこに共通するのは主人公が何かを失うということ。

名前、影、体、家、心。

どれも孤独が付き纏うその物語は私を惹き付けて止みませんでした。

今と、これからの人間社会へのアイロニーをメタファーで表現した作品のような気もします。
受け取り方は様々かもしれませんが。

1番好きな作家は安部公房なんだと思う。どのタイトルもその世界観が好きでずっといたくなる。シュールでひんやりしてしいるが不条理のなかで葛藤する主人公を応援してしまう。

読者

00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920B38ceb62 249d 4590 8bf7 ae62ad84189a677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd67996973f 240d 4bae 8c3e d55d0bbb84900970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a633c5341 545e 4e3b a5dd dbe7fe691dedIcon user placeholderIcon user placeholder 38人

安部公房の本

飢餓同盟

飢餓同盟

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

かつての温泉街花園を舞台に土着の支配者とひもじいと称されるよそ者が結成したアナーキスト同盟たる「飢餓同盟」戦後民主主義を象徴する「読書会」3すくみのわちゃわちゃした対立を哀しくもどこかユーモラスに描く。 招致された医師である森が町につくも一向に病院にたどり着くことができない阿部公房的な不条理たらい回しぐるぐる地獄や人間をいかなる機械よりも精密な機械と化してしまう!ドイツ製の怪しげな薬「ヘクザン」の実験台となった地下探査技師織木、飢餓同盟員に対し「たとえばソロバンを盗んでこい、財務部長らしくなるために、明日までに割り算の九九をおぼえろ。電球を三つ盗んでこい。将来キャラメル工場の煙突塗り替えるために、毎日電柱にのぼる練習をしろ。姉さんの指紋をとってこい。電気コンロを盗んでこい。そして昨日は姉からヴァイオリンを盗んでこいというわけだ」P185と無茶ぶりをするリーダーの花井(ヒロポン中毒)等々奇妙奇天烈な登場人物が繰り広げる人間喜劇。

1年前

Icon user placeholderD46f6615 a04d 44c0 9ee1 e22aa60894ef53f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d35832