Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41yifo3a4pl

いま成果を上げていない「8割」もこれで「稼げる社員」に変わります。予算やノルマなど「上から目線」の目標では人は動きません。でも「やる気を出す」ことを個人に... 続き

コメント

1,000人規模の会社で人事をしているが、日頃思っていることが良く当てはまった。
特に1~4章は凄く納得する。
仕事の価値観をトップが語ることは非常に重要で、しかも一貫していなければならないと思う。 
自分が経営者になったら参考にしたい。

読者

450974d3 f645 49c4 ab5a 4c88433f554e2ed440e6 5da7 42a0 8ba6 7bb876da7d50

ビジネス

新版 あたらしい戦略の教科書

新版 あたらしい戦略の教科書

F3bc9b8c 78a6 441a b160 2a838b68dcf9

ひさBON

心豊かになるための読書

150531読了。 「戦略」とは、現在地と目的地を結ぶ「ルート」。 「戦略」とは、組織内のコミュニケーションを活性化させるための「道具」。 「戦略」とは、①リーダーが設定、②3年程度で達成可能、③背伸びすれば届く、④(過程を)測定できる、⑤利他性のスパイス。 「戦略」を設定し推進するメンバー:「能力」も大事だが、それ以上に大切なことは「意識」。

約3時間前

ゆっくり、いそげ ~カフェからはじめる人を手段化しない経済~

ゆっくり、いそげ ~カフェからはじめる人を手段化しない経済~

D7c79481 afa4 4b32 94de 00088e7e9de0

ゆっちろりん

2017年3月以降に読んだ本をぽ…

行き過ぎたシステム化社会のなかで、人と人とが「利用」し合う関係だけになっていくとしたら。人から奪うことばかり考える消費社会に抗うには、人に贈ること。それが、人と人とが「支援」し合う関係の鍵かもしれない。 「不自由な共生」が前時代、「自由な孤立」が現代だとしたら、わたしたちは「他人と共に自由に生きる」術をわたしたちの手で掴んでいきたい。そのための手がかりとなる一冊。

4日前

Icon user placeholderF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad11304ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca 24
ぼくらの未来をつくる仕事

ぼくらの未来をつくる仕事

4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25

おかめ麦酒

本とお酒と映画が好きです。

電子検証のためのナナメ読みのつもりが、面白すぎて思わず熟読。 開成高校、東大医学部、脳外科医、マッキンゼーからのスタートアップ。異色の経歴とも言える著者だけど、本書から伝わって来るのは、ほとばしる情熱。著者の若さにも驚くけど、読み物として素直に面白い。 福島の被災地話では思わず少し涙ぐんだり…。 60歳になってから、「医師としてもう一旗上げる」という気概。本当なら定年まで京都の大きな病院で働けたというのに。かっこいいよなぁ。 著者含む熱い人たちの周りには、こういう素敵な人達が集まるのかな。安倍首相へのプレゼンのくだりでは、思わず拳を握って応援してた。 ところで、米国では脳外科医は200人しかなれない(スーパーエリートの中のほんの一握りのエリート)という話には驚いた。日本は自分で勤務地も何科に行くかも決められるがそれはとても稀な事例だということ。確かに、偏りを減らすためには管理下に置いた方がいいのでは…と思ったり。 こんなに医師の数が足りないと言われているけど、病院の数は2位に圧倒的な差をつけて世界一なことも知らなかった。じゃあ誰が整えるか?というとそれもまた複雑な問題。豊田さんには日本の未来のために、頑張ってほしいと心から応援。

4日前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a69679e49237 2c0c 4e1a abb5 f56e82e2db84