61j5m8z98nl

コメント

自分の意思と反して、自分が変わっていく。
救いなく、生き地獄。

脳移植の話。さすが東野圭吾、なんだかんだで一気読み。

とても面白く、1日で読んでしまった。
なんだろう。本の構成、順序、人物像、表現、全てが完璧だ。こんな本に出会ったのは久しぶりだし、感動して自分でも本を書こうと思ってしまった。
皆さんにもぜひ読んでほしい。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholderDf2bb78b c139 417c a9e7 3ae0491d324e8b354e59 db2d 4865 bc65 d0e53f640396Icon user placeholderBf5b322e ae2f 484f a218 718d0c72baa1Icon user placeholderIcon user placeholder 22人

東野圭吾の本

人魚の眠る家

人魚の眠る家

72c73e32 8bab 4dc4 92f2 8fbe56ff74a6

大学生① 土日に読み貯めます。

生きているとはどういうことなのか、今の日本の医療の在り方や臓器移植の問題について考えさせられました。 こんな介護の仕方があるのかと驚きました

1日前

621bad00 17cd 491e 872c 9640559276c23e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88be6540d065 b84a 4ad8 9102 372738f03d55 17
ラプラスの魔女

ラプラスの魔女

2e580590 9361 4a0f b7fc 3658d759d133

千野久美子

海の近くに住んでいます。

夢中になって読みました。 しかしさいご、あれっと思い結末だけを読み返しましたが、それまでの迫ってくる文章の最後としては、物足りなく思いました。

2か月前

Ceeaa7ff 1f60 43c7 bb95 06bda11a98e709c068ab 3b99 4ce4 888a ae56f6359bacIcon user placeholder 60
危険なビーナス

危険なビーナス

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイル…

毎回楽しく読ませていただいています。 今回の主人公が珍しく俗っぽいのは、冒頭から違和感満載なのを誤魔化すためでしょうか? 最後は社会派ミステリのような感もありますが、やはり面白いです。

3か月前

B8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee9922679c 987e 440a beab 7bdc46dc49f468b548f4 59ef 4922 ac62 b25cc4725ea9 11