51im%2bpswajl

九歳の夏休み、少女は殺された。あまりに無邪気な殺人者によって、あっけなく-。こうして、ひとつの死体をめぐる、幼い兄妹の悪夢のような四日間の冒険が始まった。... 続き

コメント

変なほのぼのホラー

私は、死んでいる。

主人公が既に死んでいる話は、他にもあるだろう。
だが、この話の主人公は、霊になって皆を見守ってなどいないし、死後の世界で暮らし始めるわけでもない。

タイトルのとおり、死体なのだ。
死体目線で進む話の斬新さと、死んでしまったにも関わらず、どこか飄々と現状と語る私に魅せられる。

なんと表して良いのかわからないような、不思議な空気感を味わいたい方におすすめします。

非日常を日常のように淡々と語っていくから、違和感があり、不気味さがある。
サスペンスとしての緊張感がひしひしと伝わってくる。

これを16歳で書いたのか。すごいな。

表題作は明確で淡々とした文章に定評のある乙一が、16歳という若さで執筆した処女作。
2作目の優子は中々に奇妙な物語です。どちらも文章が奥ゆかしさで溢れています。丁寧な文章は少し苦手な僕でも読みきるのに容易い短さの小説です。乙一さんの研究までしたのに、今の今までこの作品を読んでいなかった自分が恥ずかしい…

ある兄妹に殺された少女の死体の目線で物語は進んでいく。

まるで生きているのではないかと思うくらい、描写が丁寧だった。
殺した少女を隠蔽しようとする兄妹、自分を隠蔽しようとする兄妹を何もできず見続けるしかない少女。
殺人事件の物語なのに、スラスラと読み進められる。面白い。

早々と主人公が死体になって、その死体がずっと喋っているのが不思議な感じもしたけどおもしろかった。

死体なのに死んでない人みたいに話が進む。のに、話を展開している死体の私に違和感を感じず、最後まで終わりました。

初めてこの作品を読んだ時、私はまだ小学生だったけれど、乙一さんの才能に嫉妬した。16歳でこんな世界を書けたなんて羨ましい。

学生時代に読んだ本。大人になったらまた別の見方ができるのだろうか。

読者

E749421d ae14 439a b62a 1f895b073eabAf02b44f af66 4b84 8a80 3c06327c854d0e0f9845 5a2c 440b 8993 f46ea99ab73b3e378c1c 2d20 4c3c bb84 03579ca1ddfb25e181a6 c00b 4e37 9584 6ec45682f6163a631700 bd98 4699 ba16 4c0d134b02d28f849100 1a65 4ae8 9f35 de16191b3a3a04a475dd 5255 49be 9f8c 8223c9de6335 82人

乙一の本

GOTH―リストカット事件

GOTH―リストカット事件

22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1

kyoko

図書館がすき。

こちらには、GOTH夜の章の作品も含まれています。全体を通して、主人公それぞれの背景がよくわかり、物語として読みやすかったです。切ない謎解きです。

11日前

58f8df79 70bc 4b19 93ee 1eba875e79b4Cbb546b1 305f 453e b62a 1400faf1e33e2f519c77 3665 40dd 83f5 1c3445291583 8
少年少女漂流記

少年少女漂流記

Bf298046 4536 4519 868c 4f944ce9e00a

うきわ書房

コミック、CD、ZINE、イベン…

古屋兎丸好きの友達に読みやすいからと貸してもらった。 まず少年少女それぞれの問題提起からはじまり、最後に全員でホームルームをしているときの古屋先生の美しい絵と、まとまりのある乙一さんの物語がとても綺麗だった。正直、かなり偏った考えを持つ登場人物らに少し共感をしていて不安だったのだが、ラストまで読んでよかった。 「中二病」という言葉を作ったのが伊集院光だとはじめて知った。

12か月前

Icon user placeholderFcdc96f5 aee1 42f7 8cc1 6abb3b92748581b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba57