51ihfouf0jl

町外れに暮らすひとりの老人をぼくらは「観察」し始めた。生ける屍のような老人が死ぬ瞬間をこの目で見るために。夏休みを迎え、ぼくらの好奇心は日ごと高まるけれど... 続き

コメント

夏がやっぱり、好き!

亡くなってしまったふたりの祖父を思い出して、涙。

"忘れたくないことを書きとめて、ほかの人にもわけてあげられたらいい"

主人公のその気持ち、
わたしもそう思う。

死について
優しく語りかけてくれる本。
心があたたかくなる本。
前へ進む気持ちを
呼び起こしてくれる本。

そんなふうに感じた。

子供にとっての純粋な疑問である「死」について、優しく書かれている作品。
大人も子供も読むべき必読本!

死してなお、誰かの心に生き続けること。その中でももっとも大切で替え難い人と思われること。そういうことが生きる意味なのかなと思った。

真摯に誠実に、ある夏と向き合った作品。誰しもが初めて死と出会った季節を持っている。眠っているようで、しかし決して眠っているのではない姿と対峙した時、少年たちの鮮烈な夏に涙が滲む。読むごとに静かで暖かな気持ちになる。

学生の頃、私に小説の面白さを教えてくれた本。
第一次個人的読書ブームのきっかけとなった本。
命について初めて真面目に考えるきっかけを与えてくれた本。
大人になっても十分しっかり読める本。

いろんな人に読んでもらいたい本。

遠い昔においてきた純粋な部分。読み手それぞれの「かつて」を思い出させ、心が疼く。あたたかい本。

こどもの頃の出来事で
強烈に覚えている日が
何日かある。

めいっぱいの夏休みをこえて
世界のカケラを手に入れる

人の死に興味を持った小学6年生3人が、近所のおじいさんに近づき、互いに関係を深めていきます。

恋愛どころはあまり入って来ず、生きることや働くことに開いていく姿が、柔らかく描かれています。
小学生男子の感じが非常にリアル。

ラストはじーーんときます。

おじいさんとの関わりを通して、小学生の主人公たちが人の生と死を学んでいく。
自分が死んでも、人の心の中で生きていけたらどんなに幸せだろう、と気づかせてくれる本。

筆者のあとがきも泣けます。

もしも少年時代にそんな経験ができたり、年老いてそんな子供達に出会えたなら、どんなに幸せなんだろう

死について、本当に優しく、温かな視線で語りかけてくる作品です。絶対、大人も子供も読んで欲しい!

死が近いおじいさんと、対極にいる小学生の男の子たちのお話。
最初は、「人が死ぬところを見てみたい」という好奇心だけでおじいさんを見張っていた男の子たちでしたが、バレてしまいおじいさんと知り合いになります。血の繋がりはなくとも深い繋がりを持ったおじいさんと少年たちの一夏の思い出。

今すごい読み返したい!どう感じるんだろう…どこいった〜

少年時代の夏の思い出に浸ってしまいます。

小学生の時の好奇心を思い出す

夏の暑さとともに切なさが伝わってくる

読者

Icon user placeholderC6743f05 5a1b 479c 8c59 a350d452bdc842a79741 e586 420f a17a db0551af35f5Aeed23ac f19d 4bad 85d7 8034c4495b93B68cde80 429d 4bf5 8708 4c508a1cb2e02a0e4519 dda3 4db5 8dff 8e25eeb5269c66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a9dd1b988 517b 4f84 9c73 550d4205f3ed 127人

湯本香樹実の本

夏の庭

夏の庭

00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920

クロ

雑食で雨を好みます。

ほんとうは生きてるほうが不思議なんだよ、きっと...。

4か月前

岸辺の旅

岸辺の旅

Picture

Misuzu

マイペースに読んでます

夏の庭もそうだったけれど、死との関係をを意識させる作品。続きが気になって、ツルッと読破。DVDも見てみようかと思う。

3年前

西日の町

西日の町

5990e043 d2f8 455a 9a5f 8b64446df5b9

fenice

読書は脳への栄養♪ 小説を書いて…

愛情表現がもっとシンプルに誰でも容易にできるのならば世界はもっと愛に満ちているのかも。 けれどそうじゃないからこそ、愛情表現とわかったときその喜びは大きくもなるのだと思う。

3年前

Adb1f5c4 93a1 4836 8c18 d32689802e04Ff442bfb 6723 40fc 9ef2 a1d68eea6c6e