51ewmpq5z5l

八月になったらキャンプに行こうって、みんなで約束したのだった。芥川賞受賞。 続き

コメント

芥川賞受賞作。リアルなゲイ(デブ細)のカップルって、確かにこんな感じだなぁ。いわゆるオネエ系でもなく、マッチョ系でもなく。出版当時、作品にでてくるゲイは都合のいい脇役といった感じで、主人公というのは新鮮でした。

読者

Be0069f7 ce86 43a9 a757 5ffc8d686da1

藤野千夜の本

主婦と恋愛

主婦と恋愛

3d93e260 4419 4886 aad9 fd3f5c86706b

サータンハチコ

眼鏡/ビール/嵐/献血/スタバ/…

ゆるゆると形になりそうでならない気持ちたちを読んでいくお話。 こういう時間の積み重ね、私にも覚えがあるなぁ。

2年前

少年と少女のポルカ

少年と少女のポルカ

5990e043 d2f8 455a 9a5f 8b64446df5b9

fenice

読書は脳への栄養♪ 小説を書いて…

良くも悪くも成長の過程で自分という存在がどういうものか認めることは必要。 何が正解かなど誰にもわからない。 人の数だけ生き方はあっていいのだと思う。 若い人ほど読むべき一冊。

約3年前

A7c301c5 c52e 4fef 81be 10df21e05cc76cd227dc 4993 4c94 90fd 1e6b820d974541c99d01 a47b 4885 bf48 5bcbf83debe2