5149afg4epl

小市民たるもの、日々を平穏に過ごす生活態度を獲得せんと希求し、それを妨げる事々に対しては断固として回避の立場を取るべし。賢しらに名探偵を気取るなどもっての... 続き

コメント

端的かつ秀逸に甘いもの魅力を表現する。
かと思えばしっかりと日常ミステリ。

面白くなってきた。
高校生の動く範疇からは些か逸脱しているかもしらんが、面白いから良しと合点しておく。

高校生らしい自意識の名探偵に胸を衝かれます。小鳩君の爪の垢を工藤新一(江戸川コナン)君に煎じて飲ませたいかも

読者

D2df920f a1c1 47f1 9cba 8781a33d2070Icon user placeholderD4c06578 5e19 4a84 93eb 1b41497073b903063eb4 0433 46e1 a85a 554b52f22349F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacC1328c50 7403 4c06 af9f dccee519f9e46c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9Icon user placeholder 14人

米澤穂信の本

儚い羊たちの祝宴

儚い羊たちの祝宴

7d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf

じゅんた

ひとこと備忘録 ハードカバーが好…

Finishing strokeにこだわって作られたらしい、つまりミステリの短編集 「バベルの会」というキーワードで全ての短編が繋がっていて、全ての作品が暗くてとりあえず誰かが死ぬ。それも普通ではない殺され方、かといってミステリ好きからしたら目新しい殺し方ではないかも(自分はあまりミステリを読まないのでわからないが) ひとつひとつの短編は引き込まれるものがあるし、何かしらの知識がないと書けるものではないと思った

8か月前

3685983e 5f00 40ff bd7b fbf4fbb27dcc03063eb4 0433 46e1 a85a 554b52f22349Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b 9