41zusq5dabl

アルファグアラ賞受賞作! 〈城〉と呼ばれる自宅の近くで誘拐された大富豪ドン・ディエゴ。身代金を奪うために奔走する犯人グループのリーダー、エル・モノ。彼は... 続き

コメント

誘拐された大富豪と誘拐犯、若き日の大富豪が巡り会う妻との恋、そして見えないものを感じながら自由奔放に生きる大富豪の娘、その娘に恋い焦がれるのちの誘拐犯と思しき男の子。
巧みに錯綜しながら進む物語は、コロンビアという、暴力が大手を振って歩いていた国、金持ちと貧乏人の間の格差があまりにも激しい国の事件ならではの、ヒリヒリするような焦燥感と疾走感に満ちていて冷や汗をかきながら読んだ。
誘拐犯には身代金を払わないという家族との取り決めなど、実際に起きた大富豪誘拐事件を参考に描いたものだそうだけど、哲学小説にも通じる思弁的な風味の大富豪と誘拐犯の対話、幻想文学を思わせる大富豪の娘イソルダのふるまいなど、味わい方もたくさん詰め込まれた小説。

読者

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241C9122f84 1557 40e9 b322 503dae6a379760b41ef1 6d17 4224 9dcd 92179399da6a0394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e5faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6c 5人

文芸

マザリング・サンデー

マザリング・サンデー

4b0c5241 80a2 472e b848 f6014e0eb756

かずか

休日などに、まとめて読みます

1924年3月30日。孤児のジェーンが過ごすマザリング・サンデー、母を訪う日。 未だ残る階級、けれども変わらざるを得ない時代背景、そして受け入れていく人々。 知っていて知らないふり。私だけが知っている秘密。果たしてそうだろうかと後で思い返す。 一見奇抜な物語、にもかかわらず既視感。

約9時間前

11a85ecf 2cb9 4388 a102 0db4a3efd7d0943c2df2 5b57 4942 8f91 52570b62057aF51e8a3c db1f 4b15 ad1f b2f3f60e21d4 9
ミーナの行進

ミーナの行進

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

思い出は、人生の宝物になる。 ゆっくりとミーナとの生活が語られていきます。オトナの事情も、子供の目線で。日々の生活が優しく丹念に描かれています。

約11時間前

かわいい結婚

かわいい結婚

F4b211ea 0963 4178 92fe b51b494e5186

しろいはなび

【2017.05.01~から記録…

結婚に際した女性に関する物語が3つ入っている短編集。 個人的にすごく面白かったのが2つ目の「悪夢じゃなかった?」。 「女性専用車両にわざわざ乗るのって、なんでみんなババアなの?」 とナチュラルに疑問を持つ男性が、ある朝起きると、女性になっているという、<グレゴール・ザムザ >か、<君の名は。>と言った物語。モチーフとしてはとてもありがち。を通り越して手垢のつきまくったものだけれど、それにしてもすごく面白い。 おおよそ、女性が外を歩いている時に被るであろう被害と、そして恍惚を経験する地獄めぐりの果てに彼が見たものは…。 その、多くの男性にとって、自分の身体に、注目され、凝視され、欲情や批難の視線を浴びるという経験をすることは無い。 だから、そういう楽しさや疎ましさは分からなかったけれど、彼女の文章は読みやすいけれど、精密に描かれているので、なんとなく分かるかもという感覚になったし、それ以上に、「女性」をすることができる女性がちょっと羨ましくもなった。 たとえば、ペディキュアなんかがそうだろう。男性にとって自分の足というのは、まあそれほど綺麗なものでもないし、そもそも気になる身体の部位なんかではない。せいぜいたまに数週間に一回程度、身体を丸めながら爪を切るときくらいしか気にしない。それも靴ずれしない程度に、ささっと適当に爪を切るだけだ。

約12時間前

A9058729 9f69 4b7b a570 cdfc4563451eF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac5faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6c 8