416425a37zl

誰もが近道や楽な方法を探そうとするが、結局は地道な努力しかないと思い知らされる外国語学習。だが、それでもコツは存在する。本書は、そのヒントとなる言語学の基... 続き

コメント

言語学について大学で学びたいと思ったんだけど、これ読んで、個人的にいろいろと言語学について勉強したり各言語について勉強したりするのでいいかなと思った。

読者

9a2bf2ad ba91 4cdb bd69 308786eb24ffDbb8f88f 405c 45e1 babd a664f14a104f7d60142a 47c0 4527 8975 4e2104794956A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e 4人

黒田龍之助の本

大学生からの文章表現 無難で退屈な日本語から卒業する

大学生からの文章表現 無難で退屈な日本語から卒業する

252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575c

あやう

SFが好きなグラフィックデザイナ…

前の感想で先生の本エッセイっていっちゃってごめんなさいいぃぃぃ・・・ 立派な文章や、社会人として恥ずかしくない文章ではなく、「読みやすくて楽しい文章」の作り方をテーマに、言語学者の黒田先生が大学の講義風に書かれた本です。 「この授業を受けて綺麗な日本語を学ぼうと志しているならば、それは間違いである。決して良い日本語が身につくわけではない。というのも、実はこの授業の目的は「相手のつぼを突くテクニック」なのである。」(本書の講義を受けた学生さんによる授業紹介) タイトルに大学生とありますが、個人的にはライターさんやブログ書く方にもおすすめしたいです! 読みやすくチャーミングで、ダイエットされた文じゃないと読んでもらえない世の中ですから。 私は一生けんめい長く書くのがエライと信じて生きてきましたが、その呪縛から解き放たれた気分です。 (記念すべきStand投稿100冊目の本!)

11か月前

その他の外国語 エトセトラ

その他の外国語 エトセトラ

252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575c

あやう

SFが好きなグラフィックデザイナ…

ストイック&シニカル&ちょっとユーモアな先生の書く言語エッセイ。 黒田先生、読む人を選びそう。私は大好きです。 内容の楽しさや興味深さはもちろんのこと、言語学の先生だからか日本語の文章もリズムが良くって、読んでて気持ち良いです。声が聞こえてくるみたいな文章。

11か月前

はじめての言語学

はじめての言語学

252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575c

あやう

SFが好きなグラフィックデザイナ…

口が悪い人の本は面白いと本文にありましたが・・・たしかにっ・・・!! 「はじめての言語学」というタイトルですが、どれくらいはじめてさん向けかというと、世間は(そして、あなたは)言語学をこんなふうに勘違いしてますよ、っていうところから始まるほどの初歩。 本文中に「学問の扉に入らず外から覗いてる状態」ってあったと思いますが、一冊まるごとそんな感じです。 中高生でも楽しく読めそうな難易度ですが、マイルドに書かれているということではなく、初心者もワクワクするような研究内容をピックアップ。 ・日本だと7色の虹は、ほかの言語では何色で表現する?(そして、なんで違いが出るのか) ・バイリンガルはかっこいいだけじゃなくて、悲しい側面も ・別の言語同士なのにコミュニケーションに全く困らない組み合わせがある ・かなり似てる言語があるのはなぜ?ドイツ語と英語とか。 みたいな感じ。上に数点あげましたが、これで興味持ったら絶対楽しめると思います! そして、特定の説を押し付けないよう配慮されていたり、あらゆる言語に優劣はないという姿勢を貫いてるのが好印象でした。 黒田先生のシニカルな語り口も読んでて楽しかったです。笑。本当に先生と喋ってるみたいな感じで。 学ぶ楽しさが詰まってて、好奇心がくすぐられる一冊です! 最後に、私はコサ語のポコンポコンはできませんでした。(練習します。)

1年前

79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd07931b2e 5513 472d 9630 3fdff56e7515Icon user placeholder 11